ラーメン マシンガン@秋田市広面

ラーメン マシンガン 外観

ラーメン マシンガン 営業時間 定休日 営業案内

ラーメン マシンガン 駐車場 営業案内

ラーメン マシンガンのローカルルールなど店の特徴

2009年9月20日に秋田市広面昼寝46-1にオープンした秋田初の二郎インスパイアラーメン店で、2011年7月8日に同じ並びにある現店舗に移転オープン。

2011年8月には岩手県盛岡市に2号店→踊ろうサンダーバード、2014年10月には秋田県大仙市に3号店→GOLDEN FIVE NOODLE(ゴールデン・ファイブ・ヌードル)、2015年7月には岩手県北上市に4号店→バードメンをオープン。

店内入って左側に5~6名座れる中待ち席あり。それ以降は外待ちですが、状況に応じてカウンター後側まで詰めて並ぶ場合あり。店員さんの指示に従ってください。

店内に入って正面に券売機で食券を購入。

券売機周辺に貼られた各メニューの二桁の番号を入力して、食券を購入する独特な券売機を採用。

デフォルトで野菜増しの為、それ以上の増しは不可。無料でコールできる脂増しや野菜少なめ、麺少なめは食券を店員さんに渡す際に伝える。

麺量は並→270g、大→390gとボリュームあり。

着丼前にニンニクの有無を聞かれるので、有り・無し・多め・少なめなど好みを伝える。

汁なしそばはマヨネーズ、ポン酢そば&汁なしポン酢は生姜が無料トッピング。必要な場合は食券を渡す時に店員さんに伝える。

荷物置きのカゴがあります。

レンゲ、ティッシュは給水器の所にあります。

席はカウンターのみ。

食べ終わった丼やコップなどの食器はカウンター高台に置くセルフ返却スタイル。

ラーメン マシンガンのメニューなど

ラーメン マシンガン 券売機

ラーメン マシンガン 期間限定メニュー

ラーメン マシンガン お知らせ

気になっていた限定メニューをようやくゲット。ちなみに少し前に提供していた「スパイシースタミナカレー」と「ゆず塩ポン酢」は逃しました。

自らに課した「手形ラーメンストリート攻略2周目」が終わってから食べようと、余裕ぶっこいていたら既に終わってしまった(泣)

ラーメン マシンガンにてたぬき中華を実食♪

ラーメン マシンガン たぬき中華

期間限定・たぬき中華(並) 750円

前回記事(汁なしそば 並)はこちら
ラーメン マシンガン・訪問123回目

スープは豚骨などの動物系ベースと思われますが、レギュラーのスープとはまた違った印象のアッサリとした味わいなので、別炊きorブレンドしたスープと思われます。

まろやかで甘めな醤油清湯に生姜が爽快に香り、液状油がコクを付与した何ともホッコリな一杯♪

ラーメン マシンガン たぬき中華

ガッツリ混ぜると天かすの甘みがスープに浸透して、更に甘めな醤油スープに変化。

タップリのネギと白ゴマの風味もノスタルジックなスープのアクセントになっていて、想像以上にシンプルな「ザ・たぬき中華」な面持ちにビックリ(笑)

ラーメン マシンガン たぬき中華

麺は自家製の平打ち極太ストレート麺でコシが強く、ガッシリとしたゴワゴワ・ワシワシな食感。麺はレギュラーと同じオーション麺と思われますが、予習していたとは言えこのミスマッチ感にまんまと引き込まれ、食べては「う~ん」と唸り、唸ってはまた啜る不思議な感覚(笑)

ラーメン マシンガン たぬき中華

ラーメン マシンガン たぬき中華

ラーメン マシンガン たぬき中華

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、白ゴマ。ここでメンマと海苔を食べると、これまた何とも不思議な感覚に包まれます(笑)

ラーメン マシンガン たぬき中華 コショー 胡椒

途中からお店推奨のテーブルコショーを投入してスパイシーに味変。

ラーメン マシンガン 味変

更に添え付けの醤油ダレ&ブラックペッパーを投入して、カラメで胡椒フルスロットルにしてフィニッシュ!

麺がガシガシなうどんのような雰囲気もあるので、麺をデロ柔にして食べても面白いかも♪

ごちそうさまでした🍜

ラーメン マシンガンの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市広面土手下114-1
定休日:なし(お盆、年末年始ほか臨時休業あり)
営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00

席数:10席
カウンター×10
駐車場:4台(店舗横2台、店舗を背に道路を渡って右斜め向かいの小路を入って左側の駐車場⑤と⑦)

最寄りの交通期間など
秋田駅東口から1820m
バス停→三吉神社入口から110m

第5回ラーメンスタンプラリー9杯目


第5回ラーメンスタンプラリー

第5回ラーメンスタンプラリー

第5回ラーメンスタンプラリー

第5回ラーメンスタンプラリー9杯目

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>