ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)@秋田県由利本荘市東由利

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 外観

せっかく東由利まで来たので1軒で終了という訳にはまいりません(笑)中央食堂からの~連食で向かったのはこちら♪

国道107号線沿いの「道の駅 東由利」の斜め向かい前にあるお店で、店頭には「ご飯・ラーメン いこい」という店名しかありませんが、通称で「いこい食堂」と呼ばれているようです。入口のドアには「セルフサービス店」という怪しげなステッカーが貼られてました(笑)

ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)のローカルルールなど店の特徴

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 外観

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 セルフサービス店

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

オーダーした商品名が呼ばれたら自分で取りに行くセルフスタイル。

食べ終わった食器も自分で返却棚へ持って行くセルフサービス店。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)のメニューなど

ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)の五目中華 定休日 営業案内

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 季節お勧め メニュー

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 メニュー

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 セルフサービス

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 セルフサービス

ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)の五目中華

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 五目中華

五目中華 730円

スープは鶏ガラなどの動物系主体と思われる醤油清湯の上から豚肉、鶏肉、魚介類、野菜など様々な具材を炒め煮したトロトロな餡をのっけた、セパレートタイプの餡掛けラーメン。

まずは餡掛けを交わして清湯部分を飲むと、やや甘みを帯びたコクのある鶏ガラスープで、旨み&塩分もカチッとハマったシンプルな味わい♪

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 五目中華 スープ

粘度がしっかり目な餡掛けを混ぜると、更に深みが増すコクの波状攻撃で、中華料理的な調味料の味付けも食欲のギアを加速させます。

鶏&豚の共演による肉出汁に各種魚介類の旨み、クタッとなるまで火を通した野菜の甘みが渾然一体となった、餡掛けの存在感が肝になった「広東麺」と表現した方がピッタリな一杯!

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 五目中華 麺

麺は中細縮れ麺でムッチリな食感。後半は熱々な餡掛けスープに馴染んでチョイ柔な口当たりに♪

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 五目中華 具

豚肉、鶏肉、ウズラの卵、エビ、ホタテ、イカ、ニンジン、モヤシ、白菜、タマネギ、ニラ、椎茸など。野菜はクタッとするまで炒め煮されてますが、エビはプリッとした歯応えがあり旨旨!

ご飯・ラーメン いこい いこい食堂 五目中華 味変 調味料

途中から添え付けのラー油&酢を投入して味変♪

これほど豊富な具材を使っていてこの価格はかなり満足度が高いです!

ごちそうさまでした🍜

ご飯・ラーメン いこい(いこい食堂)の店舗情報やアクセス

電話:0184-69-2832
住所:秋田県由利本荘市東由利老方四ツ眼32-2
定休日:水曜日
※「4月の」と記載があったので変動の可能性あり
営業時間
10:30頃~18:00頃

席数:27席
1名掛けテーブル×1
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×3
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:10台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
矢島駅から22.9km
バス停→老方新町から340m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>