麺屋 羅漢@秋田県横手市

麺屋 羅漢 外観

麺屋 羅漢 営業時間 営業案内 定休日

麺屋 羅漢のローカルルールなど店の特徴

2014年4月14日にオープンしたお店で、店主さんは調理師免許、ふぐ調理師免許、野菜ソムリエなどの各種資格を取得。

店内に4名掛けの待ち合い席があり、それ以降の方は風除室スペースと外待ちです。

ポイントカード提示で、つけ麺以外のラーメンの麺100g増しサービスあり。

ポイントカードは有効期限終了後、2ヶ月以内に来店し申請すると期限が1年間延長。スタンプ15個でラーメン1杯サービス。

店内に入って正面にある券売機で食券を購入。

ラーメンの麺量は小盛→100g、並盛→200g、大盛→300g。つけ麺は券売機に表示されている麺量を選択。

「海老つけ麺」と「カラシビつけ麺」は、食べたい麺量の「つけ麺」の食券を購入した上で、それとは別に「海老つけ麺へ変更 40円」or「カラシビつけ麺へ変更 30円」を購入してオーダーするスタイルになります。

麺量小盛りを選択した女性限定で焼きプリンが無料サービス。

羅漢辛痺ラーメンは初回の辛さと痺れは共に1で提供。2回目以降は1~3辛、1~3痺から選べます。

店内カウンター席後ろにある電子レンジ上に、紙エプロンとヘアゴムあり。女子に嬉しいアメニティが充実。

味濃いめは卓上の正油ダレを使用。

席はカウンターのみ。

座席の下に荷物置きがあります。

麺屋 羅漢のメニューなど

麺屋 羅漢 券売機 メニュー

麺屋 羅漢 券売機 メニュー

麺屋 羅漢 メニュー

麺屋 羅漢 メニュー

麺屋 羅漢 メニュー

麺屋 羅漢 メニュー

麺屋 羅漢 メニュー

この日は辛旨なつけ麺を求めてこちらへ。カラシビつけ麺を食べるのは約1年7ヶ月ぶりのようなので、意外にもかなり久しぶりになってしまいました。

そんな事もあり、食券を渡すときに「3辛、3痺で」と伝えてしまいましたが、羅漢辛痺ラーメンは辛さと痺れの選択が可能ですが、カラシビつけ麺は辛さと痺れの変更不可なのを忘れてました(笑)

麺屋 羅漢のカラシビつけ麺

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺

カラシビつけ麺(300g) 830円

前回記事(羅漢ラーメン)はこちら
麺屋羅漢・訪問30回目

スープは豚、鶏などを長時間煮込んだ動物系に、しょっつるを使った醤油ダレを合わせ、唐辛子、山椒など13種類以上の香辛料を加えた、レギュラーの羅漢辛痺ラーメンのつけ麺バージョン。

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 つけ汁 スープ

動物系の旨みエキスがギュッと濃縮された濃厚な白湯をベースに、各種香辛料のスパイス感が交錯する重層的な辛痺具合で、しっかりと乳化したスープに辛味が馴染んでいます♪

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 つけ汁 スープ

その厚みのある辛痺白湯に背脂の甘みがコクと奥行きを与えていて、辛さ一辺倒ではない辛旨なバランスをキッチリと構築しています。

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 爆辛一本 ジョロキア

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 爆辛一本 ジョロキア

辛さの変更は出来ませんが、途中からソッと出してくれたジョロキア爆辛一味をワサッと投入して、セルフで5辛くらいまで昇華させました。相変わらずの美味しさです!

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 麺

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 麺

麺は自家製の角切り太ストレート麺でムチムチな食感。冷水で〆ていて程よいコシはありますが、しっかりと茹で切っていて、弾力のあるチョイ柔な口当たりに仕上がってます。辛痺スープの中で小麦の甘みが引き立ちますね♪

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 具

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 具

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 具

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 具

具はチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、海苔。低温調理のチャーシューはしっとり柔らかく激旨。クニャ・シャクなメンマにサクサクとした歯応えの刻みタマネギもスープにベストマッチ!

麺屋 羅漢 メニュー カラシビつけ麺 辛痺つけ麺 味変 調味料

途中から添え付けのブレンド胡椒をゴリゴリ挽いて更にスパイシーに味変♪

辛旨!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺屋 羅漢の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県横手市条里3-2-5
定休日:木曜日
営業時間
11:30~14:15(LO.14:15)
17:30~20:00(LO.20:00)

席数:11席
カウンター×11
駐車場:7台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
横手駅から1010m
バス停→一の口から120m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>