安楽食堂@秋田県横手市

安楽食堂 外観

腹ペコでラーメンとご飯ものの両方を欲した横手でのランチタイム。「あの組み合わせだ!」とパッと頭に浮かんだのはこちらのお店の看板メニュー。

前回訪問時に次に来た時に食べようと決めていた、焼肉ライス&中華そばのダブル食いです。11:45に訪問だったのですんなり着席できましたが、12:00を過ぎるとあっという間に満席状態という大賑わいでした!

安楽食堂のローカルルールなど店の特徴

安楽食堂 暖簾

1971年に創業。

東京の洋食店で修行をした二代目の店主さんが1974年頃に店を引き継ぎ、看板メニューである焼肉ライスなどを提供開始。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

出前もやってます。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

安楽食堂のメニューなど

安楽食堂 店内

安楽食堂 メニュー

前回記事(安楽ラーメン)はこちら
安楽食堂・訪問1回目

安楽食堂の中華そば&焼肉ライス

安楽食堂 中華そば 焼肉ライス

中華そば 500円
焼肉ライス 500円

安楽食堂 中華そば

スープは豚骨などの動物系+煮干し、カツオ節などの魚介系を合わせたダブルスープと思われるアッサリ醤油清湯。

ぱっと見は十文字ラーメンを彷彿とさせる油分量抑え気味で端正なビジュアルながら、十文字ラーメン御三家とは明らかに違うのは、動物系の下支えをしっかり感じる味の設計♪

安楽食堂 中華そば スープ

そこに魚介系のダシ感が馴染むように合わさっていて、旨み&塩分も効果的に効いた「ザ・昭和の食堂のノスラー」といった面持ちの味わい。

メンマから移ったと思われるゴマ油の微かな風味がフワリと香り、更にノス感を押し上げてます。後半は旨み&塩分の輪郭がクッキリで甘みが増しますが、とても親しみやすい中華そばです!

安楽食堂 中華そば 麺

麺は外山製麺の細縮れ麺でスルスル・プチプチな食感。十文字周辺でよく見かける色白麺ですが、かん水がフワリと香る感じも十文字ラーメン御三家とは違いがあります♪

安楽食堂 中華そば 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、ナルト。秋田の県南でこのビジュアルの中華そばに麩がトッピングされないのは逆に新鮮かも!

安楽食堂 中華そば 味変 調味料

麺完食後に添え付けの胡椒をパラリと投入してピリッとスパイシーに味変♪

安楽食堂の焼肉ライス

安楽食堂 焼肉ライス

焼肉は豚肉に小麦粉をまぶして焼いているので、表面がカリッとしつつ中はしっとりな焼き上がり。

安楽食堂 焼肉ライス

甘じょっぱい醤油ベースのタレで味付けされていて、焼き目の香ばしい風味も相まってご飯がススム君。

安楽食堂 焼肉ライス

タレが染み込んだご飯を肉巻きにして食べたり、はたまたマヨネーズを絡めたサラダと一緒に食べたりと、何をどうやってもいちいち美味い(笑)

安楽食堂 焼肉ライス ナポリタン サラダ

福神漬けにタクアン、ナポリタンまで添えられてワンコインは素晴らしいコストパフォーマンス!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

安楽食堂の店舗情報やアクセス

電話:0182-32-3622
住所:秋田県横手市旭川1-2-29
定休日:日曜日・祝日
営業時間
月~金 11:00~19:00
土 11:00~14:00

席数:44席
カウンター×4
4名掛けテーブル×3
4名掛け小上がりテーブル×7
駐車場:4台(店舗前)

最寄りの交通機関など
横手駅東口から1490m
バス停→旭川中央から230m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>