飯塚食堂@秋田県雄勝郡羽後町

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 外観

この日は仕事が変則的で午後一で羽後町入りが確定なスケジュール。せっかくのチャンスなので未食店を開拓してみました。メニューは醤油、味噌、塩の三種の味をベースに具材を変えたと思われるラーメン各種に、うどん、そば、焼きそば等の麺類、カレーライス、チャーハン、丼ものが少々という麺類メインのラインナップ♪

羽後町と言えば「ひやかけ」の蕎麦が有名ですが、専門店があるくらい焼きそばもソウルフード。なので飯塚食堂の焼きそばも人気ですが、今回は直感で五目らーめんをオーダーしてみました!

飯塚食堂のローカルルールなど店の特徴

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 営業中

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

飯塚食堂のメニューなど

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 メニュー

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 メニュー

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 メニュー

飯塚食堂の五目らーめん

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん

五目らーめん 750円

スープは鶏ガラなどの動物系+乾物系と思われる清湯ベースの塩味で、そこに炒めた豚肉や野菜などをのっけたタンメンのような面持ちの一杯。

アッサリとした鶏出汁に旨み&塩分が程よく効いていて、乾物系の旨みが脇を固めるシンプルな昔ながらの塩ラーメンで、思わずホッコリな味の組み立て♪

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん スープ

具材の野菜のナチュラルな甘さも感じますが、ダイレクトに塩を投入したような凜と立った塩気が、ノスタルジックな味わいに1本芯を加えています。

その塩味(えんみ)&タップリとトッピングされたコーンの甘みの対比が何ともクセになり、ついついスープを飲むレンゲが進んでしまう野菜塩ラーメン。こうなると100円安い価格設定の「タンメン」「野菜らーめん」との違いが気になります!

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん 麺

麺は中太ウェーブ麺で程よいコシと歯応えがあり、ガッシリとしたモチモチな食感。加水率高めな麺を硬めに茹で上げたような、しっかりとした歯応えがあります♪

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん 具

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん 具

具は豚肉、ネギ、ニンジン、キャベツ、モヤシ、コーン、ワカメ、ナルト。野菜はややクタッとしていてスープに馴染んだ仕上がり!

飯塚食堂 秋田県雄勝郡羽後町 五目らーめん 味変 調味料

麺完食後に添え付けのブラックペッパーを投入してビシッとスパイシーに味変♪

次は人気メニューの「ねぎ味噌ラーメン」もしくは気になった「タンメン」「野菜らーめん」、全てのラーメンの土台となる「らーめん」にするか今から悩みます!

ごちそうさまでした🍜

飯塚食堂の店舗情報やアクセス

電話:0183-62-2305
住所:秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字裏町48
定休日:月曜日

営業時間
11:00~14:30
17:30~19:00

席数:28席
4名掛けテーブル×4
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:4台(店舗前)

最寄りの交通機関など
湯沢駅東口から9280m
バス停→北都銀行角から70m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>