中華料理 博陽軒(はくようけん)@秋田県にかほ市平沢

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 外観

気になっていたにかほ市のお店へようやく初訪問。メニューはラーメンを中心にチャーハン、丼、定食などのご飯ものが程よく揃ったラインナップ♪

「中華料理」を冠してますが、ガチガチの中華料理店というよりは、店内の雰囲気も含めて食堂っぽさも感じます。今回は人気メニューの組み合わせである「広東麺+小チャーハン」のCセットをオーダー!

中華料理 博陽軒のローカルルールなど店の特徴

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 看板

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 営業時間 営業案内 定休日

1984年に創業。

店内に「あい席にご協力宜しくお願い致します」の貼り紙あり。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

「ラーメン+小チャーハン」「丼+ラーメン」がセットになったセットメニューは、平日限定で50円引き(セット内容の変更は不可)

連食者&お子様連れには嬉しい「ラーメン(小) 450円」があります。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華料理 博陽軒のメニューなど

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 メニュー

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 メニュー

中華料理 博陽軒のCセット(広東麺&小チャーハン)

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 小チャーハン 炒飯

Cセット(広東麺&小チャーハン) 950円
※平日ランチサービス価格

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 小チャーハン 炒飯

広東麺のスープは鶏ガラ、豚骨などの動物系主体+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、その上から豚肉、エビ、野菜などの具材を炒めてトロミをつけた、塩餡をのっけた餡掛け仕立ての一杯。

まずは餡掛けを混ぜずに食べると、あっさりな動物系のダシ感を下支えに旨み&塩分がパツーンと決まったややしょっぱ目な味わいで、醤油ダレもキリッとしていて後味はスッキリ♪

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 スープ 小チャーハン 炒飯

塩餡を混ぜるとほんのりマイルドになりますが、スープ量に比べて餡掛けの量は相対的に少なめなので、軽くまろやかさを演出するアクセントなイメージ。

時間の経過と共に後半は塩気の輪郭が更にクッキリに変化するので、最初から餡を混ぜるのありきな味のバランスなのだと思います。これはご飯追加オーダーでラーメンライスもありです!

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺の麺 小チャーハン 炒飯

麺は中太縮れ麺で程よいコシがありプリ・モチな食感。熱々なスープでも最後までヘタレない丁度良い茹で加減でした♪

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 具 小チャーハン 炒飯

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 具 小チャーハン 炒飯

豚肉、ウズラの卵、エビ、ニンジン、キャベツ、ニラ、タマネギ、タケノコ、キクラゲ、グリーンピース、カマボコ、ナルトなど。具沢山で色合いも鮮やか!

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 味変 調味料 小チャーハン 炒飯

途中から酢を投入してスッキリに味変♪

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 小チャーハン 炒飯

半炒飯はやや油ギッシュ&シットリとした炒め具合で、旨み&塩分がバーンと決まった、比較的ワイルドな仕上がり。

中華料理 博陽軒 はくようけん 秋田県にかほ市平沢 Cセット 広東麺 小チャーハン 炒飯

そこに刻みチャーシュー、ネギ、ナルト、溶き卵などの具材の旨味や食感が加わり、味としてはしっかり目で塩気も強めな印象。これは豪快な男の炒飯といった面持ち!

「スタミナメン」「チャンポンメン」も気になりますし、店名を冠した「博陽メン」も食べてみたいです♪

ごちそうさまでした🍜

中華料理 博陽軒の店舗情報やアクセス

電話:0184-36-3688
住所:秋田県にかほ市平沢字清水尻109-13
定休日:火曜日

営業時間
10:30~14:30(LO.14:00)
16:30~19:30(LO.19:00)
※月曜は昼営業(10:30~14:30)のみ

席数:40席
4名掛けテーブル×2
6名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×2
6名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:10台(店舗前に4台、店舗裏に6台)

最寄りの交通機関など
仁賀保駅から1220m
バス停→仁賀保庁舎前から910m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>