名代三角そばや 湯沢店@秋田県湯沢市沖鶴

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 外観

前回が2014年10月なので4年5ヶ月ぶりの訪問。昼12:00チョイ前に到着ですんなり着席。以前訪問した時は平日は17:00まで営業で、土日は19:00までやってましたが、今は完全に昼営業のみになったようです♪

期間限定で「マイルド」「ちょい辛」「スパイシー」から辛さを選べる「みそ中華」も提供してましたが、久しぶりという事もあり、身体がノーマルの醤油味を欲していたので、今回は中華そばをオーダーです!

名代三角そばや 湯沢店のローカルルールなど店の特徴

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 看板

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 営業時間 営業案内 定休日

1993年10月13日に創業。

十文字中華そば御三家の一角「名代三角そばや」の湯沢店。

店内に8名掛け&風除室に4名掛けの待ち合い席あり。

店内に入って右側にあるレジで食券を購入する前金制。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

食券の控えであるレシートはテーブルの上に置いて、番号が呼ばれて自己申告すると店員さんが配膳してくれます。

麺メニューは「中華そば」「チャーシューメン」のみ。

期間限定メニューの提供あり。

漫画が設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

名代三角そばや 湯沢店のメニューなど

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン レジ カウンター 先払い

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン メニュー

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン メディア

名代三角そばや 湯沢店 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン メディア

前回記事(三角中華そば)はこちら
名代三角そばや 湯沢店・訪問6回目

名代三角そばや 湯沢店の三角中華そば

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン

三角中華そば 680円

スープはイワシの焼き干し、節、昆布などの魚介乾物系からジックリと抽出した清湯ベースで、そこに伝統の醤油ダレを合わせた動物系不使用の秋田県ご当地・十文字中華そば(十文字ラーメン)の代表的な一杯。

香ばしい焼き干しのダシ感をベースに節や昆布などの旨みアシストを感じるスープは、見た目どおり澄み切った味わいで、ほぼオイルフリー故に旨みがダイレクトに口の中にスゥーッと染み渡ります♪

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン スープ

お吸い物のような和出汁感はありつつも、キッチリ中華そばとして確立さるていて、十文字本店よりも気持ちタレの印象が柔らかく、昆布の旨みが強めなチューニングに感じました。

全体的には間違いなく「名代三角そばや」の味ですが、どこかに元祖十文字中華そばのニュアンスも帯びた味造りで、改めてその美味しさを体感。十文字本店、横手店も含めて、微妙な味のバランスの違いはあれど、どの店舗も旨い三角そばやクオリティー!

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 自家製麺

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 自家製麺

麺は自家製の細縮れ麺でスルスル・プチプチな食感。太さも若干ランダムでチリチリと縮れた麺は、やや柔らかめに仕上げられていてフワッとエアリーな口当たり♪

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 具

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 麩

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、ナルト、麩。麩はもちろんスープをタップリと吸わせて最後にチュルンと頂きました!

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 味変 調味料

麺完食後に添え付けの唐辛子をパラリと投入してピリ辛に味変♪

名代三角そばや 湯沢店 中華そば 秋田県湯沢市沖鶴 十文字中華そば 十文字ラーメン 完食

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

名代三角そばや 湯沢店の店舗情報やアクセス

電話:0183-73-0755
住所:秋田県湯沢市沖鶴138-1
定休日:月曜日

営業時間
11:00~15:00
※湯沢店のみ冬期も同営業時間

席数:46席
カウンター×6
4名掛けテーブル×6
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:20台(店舗前)

最寄りの交通機関など
湯沢駅東口から1730m
バス停→文化会館前から240m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>