打ち立て中華そば 自家製麺5102

打ち立て中華そば 自家製麺5102 外観

打ち立て中華そば 自家製麺5102 営業案内

打ち立て中華そば 自家製麺5102 駐車場案内

打ち立て中華そば 自家製麺5102のローカルルールなど店の特徴

2011年8月8日にオープンしたつけ麺KOTETSU(虎鉄)が、2017年3月10日に「打ち立て中華そば 自家製麺5102」としてリニューアルオープン。

店内メニューを見て口頭でオーダー。

オーダーを受けてから麺を切り出す「打ち立て麺」と、その日の朝打った「朝打ち麺」を提供していて、それぞれのラーメンに合わせて小麦粉の配合を変えた麺を合わせるこだわりぶり。

麺量は中華そば系が→150g、保戸野ブラック&まぜそば→200g、つけめん&虎二郎→250gで大盛は100円増し。ただし大盛不可のメニューあり。

毎週金曜日限定で二郎インスパイアの「虎二郎」を提供。

以前、小上がりがあったスペースに製麺室が設置されています。

席はカウンターのみですが、店主さんのお子さんが3歳の時に座って食べれたそうなので、ご参考まで。

打ち立て中華そば 自家製麺5102のメニューなど

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

打ち立て中華そば 自家製麺5102 メニュー

この日は健康診断で朝も早よからアレやコレやと身体をいじられ、バリウムによる腹グルグル感VS空腹感のせめぎ合いが続くランチタイム。気分的に近場で、かつ美味しいラーメンが食べたくなりこちらへ訪問です。

狙っていた「泥煮干し中華そば」は売り切れでしたが、オープン当初ぶりに鴨中華そばが食べたくなりオーダー。今回は鴨飯も食べてみました♪

進化が如実!打ち立て中華そば 自家製麺5102にて鴨中華そば&鴨飯を実食♪

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば&鴨飯

鴨中華そば 820円
鴨飯 300円

前回記事(煮干し中華そば&揚げ麺プレーン味)はこちら
打ち立て中華そば 自家製麺5102・訪問4回目。通算139回目

スープは鴨ガラから丁寧に抽出した出汁に、白醤油ベースに魚介系をプラスしたカエシを合わせた一杯。

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

ジンワリと香る鴨出汁は十分な旨みがありながらもスッキリとした飲み口で、醤油ダレ由来の魚介系が更に旨みを後押ししている印象♪

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

ダシ感に対するカエシの分量も過不足なく、オープン当初に食べた時よりも確実にバランスが良くなっています。

時間の経過と共にキリッとした塩気は感じますが塩角がなく、調味された鴨チャーシューのブラックペッパーのスパイシーさが添加され、味の変化も楽しめます!

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

麺は自家製の打ち立て細ストレート麺で程よいコシがありコリ・パツな食感。小麦粉は麺遊記と全粒粉のブレンドとの事ですが、後半はスープに馴染んでしなやかで、ホクッとした口当たりの低加水麺です♪

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

具は鴨チャーシュー、細切りメンマ、ネギ、餅麩。餅麩はスープをタップリ吸わせて最後にトゥルンと口の中に放り込みました!

打ち立て中華そば 自家製麺5102 味変

麺完食後に添え付けのホワイトペッパーをパラリと加えて味変♪

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨中華そば

思わずK&Kです!

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨飯

鴨飯はしっかり目に味付けされた刻み鴨チャーシューがトッピングされていて、最初はタレの風味を感じますが、噛むほどに鴨チャーシューの旨みが広がるご飯がススム君。

打ち立て中華そば 自家製麺5102 鴨飯

鴨チャーシューの持ち帰りとかやってくれたら、これを肴に酒を飲みたくなる逸品です!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

打ち立て中華そば 自家製麺5102の店舗情報やアクセス

電話:018-893-6457
住所:秋田県秋田市保戸野桜町10-3
定休日:不定休
営業時間
11:00~15:00
※麺なくなり次第終了
※しばらくの間は昼営業のみ

席数:14席
カウンター×14
駐車場:9台(店舗前2台、店舗に向かって右側10mの砂利駐車場に4台、店舗前の道路を挟んで右斜め向かいに3台)

最寄りの交通機関など
秋田駅から2300m
バス停→桜町から60m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>