らーめん小江戸@秋田県秋田市泉中央

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 外観

「信成のBLACK&WHITE」「アメノオト生活」でお馴染みのラーメンフリーク・Grape fruitsさんをお迎えしてのなまはげ珍道中。BAR JAHで小麦フルーツ酒店からの〜中国料理 盛にて担々麺&陳麻婆豆腐定食&レバニラ定食をシェアからの〜連食は、江戸系ラーメンの代表格であるこちらへ突撃♪

昼12:15頃に到着で店内はほぼ満席状態の賑わいでしたが、タイミング良く空いていた席へとスルリと着席。ここは秋田のご当地ラーメン店としても案内必須ですが、ボリュームも価格も完全に半分になった「並の半分」という素晴らしいメニューがあるので、食べ歩き的に考えても非常に有り難いお店です!

らーめん小江戸のローカルルールなど店の特徴

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 営業時間 営業案内 定休日

1986年に創業。

開業当初は「大江戸分店」として営業。

秋田市のご当地「江戸系ラーメン」の提供店。

店内に6名掛けの待ち合い席+立ちで5名くらいは中待ち可能。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

5名掛け以上のテーブル席のみなので相席は必至。

基本メニューは特製ニラ辛薬味がのっかった醤油味のラーメンのみ。

店内の壁貼りメニューを見て、ホール担当の店員さんにオーダーを伝えてから空いてる所へ着席。ただ座っているだけだとオーダーが通ってないので、どんどん追い越されます。

特製辛味は別皿や無料で多めにも変更可能。オーダー時にその旨を店員さんに伝える。

店内中央の柱の脇にのみ割りスープあり。

連食者&お子様連れには嬉しい「並の半分 250円」があります。

食後は自ら丼をカウンターに返却して会計する大江戸システムが自然と確立されています。

らーめん小江戸のメニューなど

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン メニュー

前回記事(並)はこちら
らーめん小江戸・訪問17回目

らーめん小江戸の並

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並

並 500円

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並 スープ

スープは豚骨などの動物系主体と思われる清湯ベースの醤油味で、そこにニラ、ニンニク、唐辛子など複数の素材や調味料などを配合して熟成させた、特製ニラ辛薬味をトッピングした、秋田ご当地「江戸系ラーメン」である辛醤油ラーメン。

まずは特製ニラ辛薬味を溶かさずに食べると、油分量は必要最小限に留めた印象のアッサリとした飲み口で、着丼と同時に湯気がモクモクな仕上がり。写真に収めるのは大変ですが、ビジュアル的にはホッコリそそられます♪

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並 スープ ニラ辛薬味

合わせる醤油ダレはやや濃いめな感じながら適度な甘みを帯びていて、チャーシューの煮汁なのか肉由来のコクも感じられます。途中から江戸系ラーメンの肝である特製ニラ辛薬味を溶かせば、シャープな辛さの辛醤油ラーメンに激変。

この辛味はニラやニンニクなどの香味を伴っているので、油分量抑え気味なあっさりスープとの組み合わせも相まって、かなり鋭く味が変化して中毒性があります。辛いものが苦手じゃなければ個人的には多めをお勧めします!

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並 麺

麺は細ウェーブ麺で程よい歯応えがありコリ・プツな食感。気持ち硬めに茹で上げたようなパリッとした口当たりです♪

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、特製ニラ辛薬味。チャーシューは小ぶりながら脂身がなく、あっさりスープとの相性もバッチリ!

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 ご当地ラーメン 江戸系ラーメン 並 味変 調味料

途中から添え付けの酢を投入してお店推奨の味変。スッキリ酸っぱ辛でマイウー♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

らーめん小江戸の店舗情報やアクセス

電話:018-865-3512
住所:秋田県秋田市泉中央2-5-12
定休日:月曜日、第3火曜日ほか
営業時間
10:30~14:30

席数:34席
5名掛けテーブル×2
6名掛けテーブル×4
駐車場:14台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
秋田駅から3600m
バス停→八橋大畑から290m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>