らーめん小江戸@秋田県秋田市泉中央

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 外観

FB自作ラーメン研究会ご一行様を迎えての食べ歩きツアー。清吉そばや本店にてかつ丼丸竹食堂にて冷がけ中華を連食からの〜長寿軒からの〜道の駅十文字石孫本店の見学マルタマにてカレーライスからの〜JAH→そば処紀文ここじゃむoserで自作ラーメン研究会飲みで初日は終了♪

2日目は与力にてジャージャーめん美野幸で真鯛の漬け丼&石焼きを堪能からの~ラストラーメンはこちらで。途中で秋田名物であるババヘラなども食べてもらいながら、13:30チョイ前に到着。ほぼ満席状態に賑わいながら、タイミング良く席が空いたのでスルリと着席出来ました!

らーめん小江戸のローカルルールなど店の特徴

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 営業時間 営業案内 定休日

1986年に創業。

開業当初は「大江戸分店」として営業。

秋田市のご当地「江戸系ラーメン」の提供店。

店内に6名掛けの待ち合い席+立ちで5名くらいは中待ち可能。

5名掛け以上のテーブル席のみなので相席は必至。

基本メニューは特製ニラ辛薬味がのっかった醤油味のラーメンのみ。

店内の壁貼りメニューを見て、ホール担当の店員さんにオーダーを伝えてから空いてる所へ着席。ただ座っているだけだとオーダーが通ってないので、どんどん追い越されます。

特製辛味は別皿や無料で多めにも変更可能。オーダー時にその旨を店員さんに伝える。

店内中央の柱の脇にのみ割りスープあり。

食後は自ら丼をカウンターに返却して会計する大江戸システムが自然と確立されています。

らーめん小江戸のメニューなど

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 メニュー

前回記事(並、辛味多め)はこちら
らーめん小江戸・訪問16回目

らーめん小江戸の並

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 醤油ラーメン 並

並 500円

スープは豚骨主体の動物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこにニラ、ニンニク、唐辛子など数種類の素材や調味料などを配合して熟成させた。特製ニラ辛薬味をトッピングした、秋田市ご当地の江戸系ラーメン。

デフォルトで油分量抑え気味なアッサリ醤油スープは、着丼した瞬間に湯気がモクモクな仕上がりで、やや濃いめに効かせた醤油ダレ&スッキリとした豚骨などの動物系のダシ感が、食べ歩き&飲み会でフル稼働だった胃腸にジンワリと染み渡ります♪

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 醤油ラーメン 並 スープ

途中から特製ニラ辛薬味を溶かせば、シャープに切れる辛さが胃を覚醒させつつ、ニンニク、ニラなどの香味が食欲を刺激する中毒性のある味わいへと変化。

もちろんベストコンディションでの実食が一番だとは思いますが、二日酔い気味な時にこそ真価を発揮するような、薬膳ラーメンとしての絶対的な立ち位置を今回も再認識。相変わらず美味い!

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 醤油ラーメン 並 麺

麺は細ウェーブ麺でコリ・プツな食感。後半はチョイ柔でしなやかな口当たりに♪

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 醤油ラーメン 並 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、特製ニラ辛薬味。今回はノーマルで食べましたが、辛味多めもお勧めです!

らーめん小江戸 秋田県秋田市泉中央 醤油ラーメン 並 味変 調味料

途中から添え付けの酢を投入してスッキリに味変。お店推奨の味変ですし個人的にもこれは必須♪

ご参加の皆さん、ありがとうございました。また来年どこかで遊びましょう!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

らーめん小江戸の店舗情報やアクセス

電話:018-865-3512
住所:秋田県秋田市泉中央2-5-12
定休日:月曜日、第3火曜日ほか
営業時間
10:30~14:30

席数:34席
5名掛けテーブル×2
6名掛けテーブル×4
駐車場:14台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
秋田駅から3600m
バス停→八橋大畑から290m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>