麺や陽風(はるかぜ)@山形県山形市清住町

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 外観

この日は濃厚な白湯ラーメンを食べる為にあまり間を空けずに再訪。とあるイベント前にどうしても食べておきたかったので、フラッと来ちゃいました♪

最初から「鶏豚魚介白湯」を食べるつもりでしたが、良く見たら「濃厚」と「あっさり」があるんですね。「コッテリはアッサリを兼ねる」かどうかは分かりませんが、とりあえず今回は濃厚をオーダーしてみました!

麺や陽風のローカルルールなど店の特徴

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 油そば 看板 営業案内

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 営業時間 営業案内 定休日

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 営業案内

2014年1月6日に創業。

山形県山形市飯田5-5-36(2014年1月6日~2017年11月19日)から現店舗へ2018年1月9日に移転オープン。

店内に入って正面にある券売機で食券を購入。

満席時は最初に食券を購入してから店内にある表に名前と人数を記入して行列に接続するシステム。

券売機に「初めてご来店頂いたお客様へ。まずは当店の看板メニュー”山形中華そば”をおすすめいたします」との案内書あり。

限定メニューの提供あり。

ノーマルの鶏油&煮干しの2種類ある油そばは13:00〜の時間限定で提供。

麺量は普通盛→200g、大盛→300gで油そばは麺大盛無料。

雑誌が設置されてます。

店舗奥に2名掛けの女性専用カウンターあり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

麺や陽風のメニューなど

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 券売機 メニュー

前回記事(山形中華そば)はこちら
麺や陽風・訪問3回目

麺や陽風の鶏豚魚介白湯(濃厚)

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 鶏豚魚介白湯 濃厚

鶏豚魚介白湯(濃厚)普通盛 820円

スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系主体の白湯ベースで、そこに山形中華そば同様に地元山形の醸造元・丸十大屋の醤油使用のタレ合わせたと思われる、1日30食限定メニューの濃厚バージョン。

材料をジックリと長時間炊き込んだのが如実な超ドロドロスープは、濃厚ラーメンの全国的指標とも言える天下一品を超えるレベルの高ブリックス濃度で、同時にコラーゲン質も感じるプルプルな仕上がり♪

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 鶏豚魚介白湯 濃厚 スープ

豚骨や鶏ガラなどの旨みも存分に抽出された極上な味わいで、フルボディーな口当たりながら後味はスッキリで重さは皆無。そのギャップに引き込まれてレンゲがグイグイ加速します。

適度に合わせた醤油ダレも味をキュッと引き締めていて、箸休め的なネギや水菜などの野菜のアクセントもスープにベストマッチ。間違いなくコッテリな部類ですが、女子に人気なのも納得です!

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 鶏豚魚介白湯 濃厚 自家製麺

麺は自家製の中太縮れ麺で程よいコシがありモチモチ・プリプリな食感。旨みタップリなドロリッチスープが絡みまくりです♪

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 鶏豚魚介白湯 濃厚 具

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、海苔。チャーシューをこのソースのような濃厚スープにディップして、ライス追加のOTRにしたら最高でしょうね!

麺や陽風 はるかぜ 山形県山形市清住町 鶏豚魚介白湯 濃厚 完食

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺や陽風の店舗情報やアクセス

電話:023-673-9493
住所:山形県山形市清住町2-4-34
定休日:日曜日
営業時間
11:00~14:30(LO.14:30)

席数:30席
カウンター×10
女性専用カウンター×2
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル2
6名掛け小上がりテーブル×1
駐車場:12台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
山形駅から2010m
バス停→第十小学校前から320m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>