中華そば 琴の(こんの)@山形県鶴岡市羽黒町黒瀬

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 外観

秋田初上陸の塩生姜ボーイとの食べ歩き。BAR JAHにて煮干マゼソバを肴に一献→ここじゃむoserでハシゴ酒からの〜元祖十文字中華そば マルタマからの〜長寿軒からの〜湯の台食堂からの〜中華そば 雲ノ糸 鶴岡本店→庄内魚河岸酒場 潮彩→やきとり かこにて結局は美乳と巨乳で泡まみれリバイバルからの〜中華そば処 琴平荘からの〜7杯目は、遠征ラストとなるこちらへ!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 行列

全国的にもラーメン激戦区な山形県庄内地方の食べ歩き初となれば、お勧めしたい店は山ほどある訳ですが、琴平荘→琴のの流れも鉄板とも言うべき連食だと思います。「琴平荘がオープンしたので、それほど並ばなくても大丈夫だと思います」と内部事情に詳しい人物から聞いていましたが、到着してみれば30名ほどの行列が。まんまとやられました(笑)

中華そば 琴ののローカルルールなど店の特徴

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業時間 営業案内 定休日

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業案内 駐車場案内

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業案内 注意書

2015年6月25日に創業。

山形県鶴岡市三瀬のレジェンド店「中華そば処 琴平荘」で修行した店主さんが開業。

店舗情報はブログ・Twitter・Facebookページ・Instagramで発信。

開店前の混雑時のみ番号札を配付。店員さんが順番どおりに案内してくれます。

開店後は予約表などはないので満席時はそのまま行列に接続。

グループで並ぶ際には全員揃ってから並ぶ。後から合流は禁止の記載あり。

店内に3名掛け&店舗前に4名掛けの待ち合い席あり。

店舗前の自動販売機で購入したドリンクは店内に持ち込み可能。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

中華そば・塩中華そばのスープは「あっさり」か鶏と豚の香味油を入れた「こってり」から選択。

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の「中華そば 琴の」専用の特注麺&特殊な切り刃で「Y」のような形状に仕上げたWING麺などを使用。

麺量は並盛→200g。

替え玉の麺量は1玉→200g、半玉→100g。

連食者&お子様連れには嬉しい「中華そば 麺半分 500円」があります。

荷物置きのカゴやお子様用の食器などは入口側の給水器脇に用意されてます。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

中華そば 琴ののメニューなど

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 テイクアウト 持ち帰り メニュー

前回記事(キンメの塩そば&山伏紅/AKAINO 3辛)はこちら
中華そば 琴の・訪問16回目

中華そば 琴のの味噌中華そば

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 味噌中華そば

味噌中華そば 800円
太麺に変更 50円

スープは鶏、豚などの動物系主体+魚介系、香味野菜と思われる清湯ベースで、そこに地元羽黒町の銘酒・くどき上手の吟醸酒もろみを使用した味噌ダレを合わせた、毎年10月上旬から3月末まで提供の冬季限定メニュー。

しっかりとした鶏のダシ感を軸に豚が旨みを重ねたスープは、特徴的な味噌ダレを最大限に引き上げる屋台骨となっていて、ふんわりとした魚介系が脇を固めつう、香味野菜で適度なパンチと風味を重ねているイメージ♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 味噌中華そば スープ

合わせる味噌ダレは甘酸辛苦など、あらゆる要素を取り込んだような重層的な味わいで、くどき上手の吟醸酒もろみ由来の芳香な甘みが全体を上手い具合にまとめている印象。山椒の仄かな痺れがコクのある味噌スープをさり気なく引き締めています。

意図的に2色の色目を配したネギの爽快な香味もスープに薬味としてのアクセントを付与していて、後半になっても微動だにしないバランスの良さも実に巧妙。今年の1月に食べた前シーズンのものに比べると味噌ダレがまろやかで、もろみ由来の吟醸香は抑え気味に感じましたが、今期の美味しさも再確認しました!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 味噌中華そば 麺屋棣鄂 ていがく WING麺

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)のWING麺で、特殊な切り刃で仕上げた「Y」のような形状をしたモチモチ・プルプルな食感。羽根の部分はピロピロした独特な啜り心地で、+50円でこの麺に変更可能ですが、個人的に味噌にはウイング麺を推奨します♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 味噌中華そば 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ。チャーシューは相変わらずメチャ旨で、サイドメニューのニグめしが人気なのも納得の逸品!

「ニグめし食わずんば未訪扱い」の呪縛に縛られた少食な塩生姜ボーイが、中華そば(並盛)とニグめしをオーダーしたので、そろそろニグめしのヘルプ要請が来るかと思ったら、あっという間にペロリンチョしてました(笑)

一人で全部食うなよw

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 琴のの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
※ほか休業日は各SNSにて確認出来ます

営業時間
11:00〜14:00
※当面の間は上記営業時間に変更

席数:21席
カウンター×6
3名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:8台位(店舗前)

最寄りの交通機関など
鶴岡駅から6080m
バス停→西黒瀬から90m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>