湯の台食堂@秋田県にかほ市象潟町横岡

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 外観

秋田初上陸の塩生姜ボーイとの食べ歩き。BAR JAHにて煮干マゼソバを肴に一献→ここじゃむoserでハシゴ酒からの〜元祖十文字中華そば マルタマからの〜長寿軒からの〜4杯目は、にかほ市まで移動してこちらへ♪

この日の限定メニューは前回食べたチリトマト中華そばだったので、今回はほぼほぼレギュラー化した汁無し中華をオーダー。訪問する度に気になる限定をやっていたので、なかなか食べれずにいましたがようやく念願が叶いました!

湯の台食堂のローカルルールなど店の特徴

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 営業時間 営業案内 定休日

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 駐車場案内

1980年に創業。

2016年3月に一時閉店しましたが、息子さんがそのまま店名を引き継ぎ、2017年10月3日にラーメン専門店へリニューアルオープン。

店主さんは中華蕎麦とみ田の3号店・雷本店、麺や七彩 東京駅店、麺や七彩 八丁堀店、食堂七彩などで修行した経験の持ち主。

店舗情報はTwitter・Facebookページで発信。

風除室に2名掛けの待ち合い席があり(繁忙時は店舗前に5名掛けの待ち合い席を設置する場合あり)

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

ラーメン類は「中華そば」「中華そば塩」+各種トッピング+サイドメニューというラインナップ。

限定メニューの提供あり。

漫画&テレビが設置されてます。

荷物置きのカゴあり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

湯の台食堂のメニューなど

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 営業カレンダー 定休日

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 メニュー

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 メニュー

前回記事(チリトマト中華そば+ニュージーランド産粉チーズ)はこちら

湯の台食堂の汁無し中華

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば

汁無し中華 700円

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば タレ

タレは醤油ベースに豚などの動物系の旨みを合わせたまぜそばですが、「汁無し」というほどスープOFFではないタレ多めの一品で、タップリの生野菜がトッピングされています。ニンニクの有無を聞かれるので、もちろんニンニクありでオーダーしました。

まずは混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、豚の旨味エキスがギュッと濃縮された濃厚な味わいで、合わせる醤油ダレもビシッとカラメに主張。しかしながらコク旨な醤油ダレの味のみでズバズバと箸が止まらなくなる中毒性のある味加減です♪

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば 混ぜる

ガッツリ混ぜればホロ柔な激旨チャーシューの旨みに、刻みニンニクの風味がバキバキに決まったジャンクかつ惹きの強さが爆上がりなまぜそばに激変。これはラーメン二郎に匹敵するほどの妙味かも。

そこにこんもりとトッピングされた生野菜のシャキッとした食感と清涼感が加わりますが、サラダ感覚で食べれるほどのサラッと感はなく、あくまでもジャンキーな汁なしラーメンとしての存在感を発揮。このヘルシーとジャンクの往復ビンタには悶絶必至です!

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば 自家製麺

麺は自家製の平打ち太麺で程よいコシがありモチモチな食感。しっかりと茹で切ったムッチリ感もあるチョイ柔麺で、濃厚なタレと具材がしっかり絡みます♪

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば 具

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば 具

具は刻みチャーシュー、メンマ、ニンジン、サニーレタス、水菜、タマネギ、ニンニク、刻み海苔、糸唐辛子など。生野菜を茹でたモヤシとキャベツにしても絶対に美味しいのは間違いないですが、そうせずにこれを完成させたセンスに脱帽です!

湯の台食堂 秋田県にかほ市象潟町横岡 汁無し中華 汁なしまぜそば 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子をワサッと投入して辛めに味変♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

湯の台食堂の店舗情報やアクセス

電話:なし
住所:秋田県にかほ市象潟町横岡字目貫谷地1-251
定休日:月曜日、第3火曜日(祝日の場合は営業して翌日休み)

営業時間
11:00~15:00
※材料がなくなり次第終了

席数:26席
カウンター×5
4名掛けテーブル×2
3名掛け小上がりテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×1
6名掛け小上がりテーブル×1
駐車場:15台位(店舗を背に右斜め前の三角地帯)

最寄りの交通機関など
象潟駅から6340m
バス停→湯の台から10m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>