そばの店 ひらま@山形県米沢市

そばの店 ひらま 山形県米沢市 外観

とあるミッションのため山形県置賜地方を食べ歩き。金ちゃんラーメン 南陽店からの〜かわにし食堂からの〜3軒目は、同じく米沢市にあるこちらへ。調べたら何と約8年ぶりの訪問のようです。1年ほど前にもつけめん狙いで訪問しましたが、エグい行列の為に食べるのを諦めました。

そばの店 ひらま 山形県米沢市 外観

その教訓を受けてド昼時を避けての13:30に訪問でしたが、それでも店内は満席の外待ち12名という相変わらずの賑わいぶり。何とか間に合ったわぉ〜と思ったら、並んでいる人で提供終了の案内が。後から一組並んだので閉店ブービーシャッター長でした!

そばの店 ひらまのローカルルールなど店の特徴

そばの店 ひらま 山形県米沢市 看板

そばの店 ひらま 山形県米沢市 営業時間 営業案内

1962年に製麺所として創業。

1972年にラーメン店を開業。

店舗前に8名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

季節限定メニューの提供あり。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

そばの店 ひらまのメニューなど

そばの店 ひらま 山形県米沢市 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

そばの店 ひらま 山形県米沢市 メニュー

前回記事(中華そば)はこちら
そばの店 ひらま・訪問1回目

そばの店 ひらまのつけめん

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺

つけめん 800円

つけ汁は鶏ガラ、豚などの動物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに米沢ラーメンの特徴的なチリチリ細麺を合わせた甘酸っぱピリ辛なつけ麺。最初から割スープがセットになっています。

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 つけ汁 スープ

鶏ガラ、豚骨などの動物系の下支えがありつつ、ラードでほんのりコクを重ねている印象のスープは、まろやかな甘みを軸に酢の酸味&唐辛子の辛味を加えた甘酸っぱピリ辛な味わい♪

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 つけ汁 スープ

まずはチョイ浸けで自家製麺そのものの美味しさを味わいつつ、どっぷりと浸して引きのあるつけ汁の旨みを堪能。更にネギやワカメを麺に絡ませながら食べれば、爽快な香味やワカメの磯風味がアクセントになり麺を啜る箸がズバズバと加速。

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 割スープ

途中から添え付けの割スープを投入すれば、温かい出汁でつけ汁の温度が上がり、鶏の出汁が解放された味加減に変化して、また違った味を堪能出来ます。これは自慢の自家製の美味しさを存分に堪能できる逸品です!

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 自家製麺

麺は自家製の中細縮れ麺で程よいコシがありスル・クキな食感。冷水で適度に〆ていて喉ごしも良く、いくらでも啜れそうなイケ麺です♪

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 具

そばの店 ひらま 山形県米沢市 つけめん つけ麺 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、キュウリ、ワカメ。脂身の少ないチャーシューを始め、脇役に徹する具材もいい感じです!

つけめんのみ麺特盛ありなのも納得です♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

そばの店 ひらまの店舗情報やアクセス

電話:0238-37-2083
住所:山形県米沢市大字浅川1314-16
定休日:水曜日(水曜が祝日の場合は営業して翌木曜休み)

営業時間
11:00〜14:00
※訪問時は上記時間で短縮営業

席数:24席
カウンター×12
4名掛けテーブル×3
駐車場:15台(店舗前に5台、店舗に向かって右脇に2台、店舗裏に8台)

最寄りの交通機関など
置賜駅から1430m
バス停→長手から23200m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>