中華そば 琴の(こんの)@山形県鶴岡市羽黒町黒瀬

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 外観

とあるミッション&セルフミッションの為、山形県庄内地方へ食べ歩き。栄軒からの〜2軒目は気になる限定メニューを提供していたこちらへ。昼のど真ん中を外して13:40に到着でしたが、外待ち13名という相変わらずの大人気ぶり。今回は山形牛の油そば&ニグめしをオーダーしてみました!

中華そば 琴ののローカルルールなど店の特徴

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業時間 営業案内 定休日

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー 駐車場案内

2015年6月25日に創業。

山形県鶴岡市三瀬のレジェンド店「中華そば処 琴平荘」で修行した店主さんが開業。

店舗情報はブログ・Twitter・Facebookページ・Instagramで発信。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続(店員さんが順番どおりに案内してくれます)

グループで並ぶ際には全員揃ってから並ぶ。後から合流は禁止の記載あり。

店内に3名掛け&店舗前に4名掛けの待ち合い席あり。

店舗前の自動販売機で購入したドリンクは店内に持ち込み可能。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

中華そば・塩中華そばのスープは「あっさり」か鶏と豚の香味油を入れた「こってり」から選択。

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の「中華そば 琴の」専用の特注麺&特殊な切り刃で「Y」のような形状に仕上げたWING麺&佐藤養悦本舗の稲庭中華麺などを使用。

麺量は並盛→200g、大盛→300g。

替え玉の麺量は1玉→200g、半玉→100g。

連食者&お子様連れには嬉しい「中華そば 麺半分 500円」があります。

荷物置きのカゴやお子様用の食器などは入口側の給水器脇に用意されてます。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(Apple Pay・PayPay・LINE Pay・ALIPAY)可能。

中華そば 琴のメニューなど

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

前回記事(中華そば&ニグめし)はこちら
中華そば 琴の・訪問20回目

中華そば 琴のの山形牛の油そば&ニグめし

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば ニグめし チャーシュー丼

山形牛の油そば 850円
ニグめし 300円

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば タレ

山形牛の牛脂にスープちょい足しな醤油ベースの油そばに、京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)のWING麺を合わせて各種具材をトッピングした期間限定メニューで、〆の割りスープ付きです。

まずは混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、山形牛の牛脂由来の甘みを伴った香ばしさをダイレクトに感じるシンプルな味わいで、醤油ダレで旨みと塩気を加えつつスープを足して食べやすくした汁気多めな設計♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 混ぜる

途中からガッツリ混ぜればネギの香味や岩海苔の磯風味がプラスされて、体感的な旨みがグッと底上げされます。山形牛の牛脂が上品で、かつ油分量は多くないのでジャンク感はあまりないのでスルッと食べれますね。

最後に丼のフチに添えられたおろしワサビを馴染ませれば、ツーンとした刺激のないまろやかな辛みが加わり、爽快感が演出されるのと同時に味が締まるイメージ。ワサビと牛脂の相性もバッチリです!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 麺屋棣鄂 ていがく WING麺 ウイング麺

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の特殊な切り刃で仕上げた「Y」のような形状をしたWING麺で、モチモチ・プルプルかつ羽根の部分はピロピロな独特な食感♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、青ネギ、岩海苔。極太メンマは隠し包丁が入っていてトロッと柔らかくメチャ旨!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 割スープ

麺を少し残したタイミングで〆の割りスープをコール♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 割スープ

レギュラーの鶏豚魚介系のダブルスープと山形牛脂のコラボレーションもいい感じです!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 ニグめし チャーシュー丼

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 ニグめし チャーシュー丼

相変わらずこんもりと盛り付けられたそそられるビジュアルで、今回は白飯の上半分をまずはチャーシュー丼として贅沢にペロリンチョ♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山形牛の油そば 追い飯

半分残したご飯を麺完食後の割りスープ入りの丼に投入すれば、牛脂の風味香る出汁茶漬けが完成。これがまた美味い!!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 琴のの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
※ほか休業日は各SNSにて確認出来ます

営業時間
11:00〜14:00
※当面の間は上記営業時間に変更

席数:23席
カウンター×8
3名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:8台位(店舗前)

最寄りの交通機関など
鶴岡駅から6080m
バス停→西黒瀬から90m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>