中華そばde小松@秋田県大仙市

中華そばde小松 外観

中華そばde小松 駐車場案内

中華そばde小松のローカルルールなど店の特徴

2014年5月12日にオープンした席数×6のこぢんまりとした店。

店内に入ってすぐ右側にある券売機で食券を購入。

昼の部と夜の部でそれぞれ違う限定メニューを提供。新たな限定麺が夜の部に加わると、それまで夜の部限定→昼の部限定に移行し、昼の限定麺が終了するスタイルを採用。

毎週日曜日は通常の限定メニュー以外のスポット的な限定麺を提供する時があり、店主さんの修行先である池袋・麺屋Hulu-luの自家製麺&全品味玉付きなどのサービスもあり。

有名ラーメン店の多くが使用している話題の水「ACM πウォーター」を採用。

カウンターの高台左側に髪どめ用のヘアゴムあり。

荷物置きのカゴがあります。

中華そばde小松のメニューなど

中華そばde小松 メニュー

中華そばde小松 券売機 メニュー

中華そばde小松 メニュー

突発的な仕事が入ったので急遽、誰かが大仙市へ行かねばならなくなり、率先して手をあげました。こんなチャンスを逃すわけにはいきません(笑)

中華そばde小松にて「たっぷりトマトの冷やし坦々麺」を実食♪

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺 魯肉飯

夏の限定麺・たっぷりトマトの冷やし坦々麺 880円
魯肉飯 150円

前回記事(冷し担々つけ麺)はこちら
中華そばde小松・訪問22回目

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

スープは100ccほどの動物系スープをベースに大量のトマトを合わせ、胡麻ダレで仕上げたトロトロでピリ辛な冷製仕立ての一杯。

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

まずは混ぜずにそのまま飲むと、マイルドな胡麻の風味にトマトの酸味、重層的な辛味が織りなすシャープなスパイス感が交錯した非常に味わい深い坦々スープで、一口で一気に引き寄せられます♪

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

具材とガッツリ混ぜると、肉味噌の旨みやグラノーラの甘味が加わり、各種素材のシャキシャキ、サクサクな食感&もっさりとトッピングされた野菜の冷涼感が相まって、更に極上な冷製スープに激変。

酢漬けのトマトとキウイをガツガツ潰してスープに馴染ませれば、酸味をフワリと感じるピリ辛フルーティーな味わいに進化。これメチャクチャ美味いです!

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

麺は氷水でガッチリ冷やした細ウェーブ麺でコシが強く、シャキシャキ・クキクキな食感。氷水で〆るひと手間によりパリッとした張りがでて、このラーメンの冷涼感&美味しさを更に押し上げています♪

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺

具は肉味噌、メンマ、トマトの酢漬け、キウイ、ハラペーニョのピクルス、サンチュ、グラノーラ、紫の食用花、乾唐辛子、糸唐辛子など。ハラペーニョのピクルスをかじりながら食べれば、更に辛旨がスパーク!

中華そばde小松 たっぷりトマトの冷やし坦々麺 豆乳

途中からコップに別添えの豆乳を加えて味変。シャープな辛さはマスキングされますが、コクと旨みが増して更にまろやかな辛旨スープにバージョンアップ♪

とにかく甘・酸・辛と旨みのバランスが秀逸で、個人的に今まで食べた冷たいラーメンの中で指折りの逸品でした!

中華そばde小松の魯肉飯♪

中華そばde小松 魯肉飯

中華そばde小松 魯肉飯

魯肉(ルーロー)飯は脂がのった刻み肉を甘じょっぱい味付けで仕上げた、ご飯がガンガンすすむ君で、一気にかき込んであっという間に完食♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そばde小松の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県大仙市大曲丸の内2-4-3
定休日:不定休
営業時間
11:30~14:30
18:00~23:00
※日曜日は昼営業(11:30~14:30)のみ

席数:6席
カウンター×4
2名掛けテーブル×1
駐車場:5台(店舗の右斜め前のマンションの駐車場。角に沿ってL字の34番~38番)

最寄りの交通期間など
大曲駅から650m
バス停→丸の内から30m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>