中華そばde小松@秋田県大仙市

中華そばde小松 外観

中華そばde小松 営業案内

中華そばde小松 駐車場案内

中華そばde小松のローカルルールなど店の特徴

2014年5月12日にオープンした席数×6のこぢんまりとした店。

店内に入ってすぐ右側にある券売機で食券を購入。

昼の部と夜の部でそれぞれ違う限定メニューを提供。新たな限定麺が夜の部に加わると、それまで夜の部限定→昼の部限定に移行し、昼の限定麺が終了するスタイルを採用。

毎週日曜日は通常の限定メニュー以外のスポット的な限定麺を提供する時があり、店主さんの修行先である池袋・麺屋Hulu-luの自家製麺&全品味玉付きなどのサービスもあり。

有名ラーメン店の多くが使用している話題の水「ACM πウォーター」を採用。

カウンターの高台左側に髪どめ用のヘアゴムあり。

荷物置きのカゴがあります。

中華そばde小松のメニューなど

中華そばde小松 メニュー

中華そばde小松 券売機

中華そばde小松 店内

ラーメン女史博P・森本聡子さんと愉快な仲間たちで行くラーメンツアー!ラーメン女史会からの〜すいれんからの〜竹駒からの〜拉麺 太极(たいぢ)からの〜弥太郎からの〜自分は一時離脱からの〜6軒目はこちら♪

ラーメン女史・森本さんのブログはこちら!

森本聡子~ラーメンに生きる女ブログ~

ラーメン女子博プロデューサー・森本聡子(通称 森P)からのお知らせ

「ラーメン女子博in大阪」開催決定!

ラーメン女子博in大阪(前半)

ラーメン女子博in大阪(後半)

森本聡子さんのTwitterはこちら

森本聡子さんのInstagramはこちら

自分が一時離脱した1日半は引き続き、FB盛岡らあめん同好会のお二人にお任せして、森本さんには夜に盛岡→大曲入りしめもらい再び合流です!

中華そばde小松にて冷し担々つけ麺を実食♪

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

夜限定・冷し担々つけ麺 880円

前回記事(全量比内地鶏の中華そば)はこちら
中華そばde小松・訪問21回目

①「まぜそば」としてそのまま食べる。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

麺には中国醤油、オイスターソース、ラー油などを合わせたまぜダレを絡めていて、まずはそのまま「まぜそば」として頂きます。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

タレ自体は結構濃い口ですが、油分があまりなくシャバッとしたタレなので絡み過ぎて重くならず、かつ食欲がそそられる絶妙な寸止め加減。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

これに油をしっかり加えて、ニンニクなどの香味野菜の風味を効かせると、単品で抜群に美味しい油そばになりそうだなぁ~と妄想しちゃいます♪

②麺をつけ汁に浸けて「冷し担々つけ麺」を味わう。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

つけ汁はトマトベースに胡麻ダレを合わせて、必要最小限の動物系スープを加えた、ピリ辛マイルドな飲み口の冷製トマト担々スープ。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

キンキンに冷やしたメタル丼に冷製スープを注いでいるので、最後まで冷涼感が損なわれない作りが、夏にはピッタリの一品♪

胡麻ダレのコクにトマトの爽やかな酸味がバランス良く配合されていて、そこに凛とした辛味を加えて全体を引き締めているイメージ。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

食べ進める程に麺に絡まったまぜダレがつけ汁に浸透して、どんどん味が濃くなる味の設計も素晴らしいです!

②コップで提供の豆乳を加えて、冷しトマト豆乳担々つけ麺として食べる。

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

油分が抑え気味な冷製仕立てのトマト担々スープは、そのままでも罪悪感なくグビグビ飲めてしまうのに、豆乳が加わればそれはもはや健康志向の冷製スープに早変わり。飲まない方が不健康になりそうな恐るべきマジック(笑)

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

中華そばde小松 冷し担々つけ麺

具はトマトの酢漬け、九条ネギ、モヤシ、グラノーラ、乾唐辛子、フライドオニオン、糸唐辛子、食用花など。つけ汁をタップリと吸ったグラノーラは具材としても美味しい上に、つけ汁と麺のつなぎ役としても存在感を発揮!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そばde小松の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県大仙市大曲丸の内2-4-3
定休日:不定休
営業時間
11:30~14:30
18:00~23:00
※日曜日は昼営業(11:30~14:30)のみ

席数:6席
カウンター×4
2名掛けテーブル×1
駐車場:5台(店舗の右斜め前のマンションの駐車場。角に沿ってL字の34番~38番)

最寄りの交通期間など
大曲駅から650m
バス停→丸の内から30m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>