中華そば 弥太郎@岩手県盛岡市

中華そば 弥太郎 外観

中華そば 弥太郎 駐車場案内

中華そば 弥太郎のローカルルールなど店の特徴

2010年4月にオープンした昼のみ営業のお店。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華そば 弥太郎のメニューなど

中華そば 弥太郎 メニュー

中華そば 弥太郎 メニュー

ラーメン女史博P・森本聡子さんと愉快な仲間たちで行くラーメンツアー!ラーメン女史会からの〜すいれんからの〜竹駒からの〜拉麺 太极(たいぢ)からの〜5軒目はこちら♪

ラーメン女史・森本さんのブログはこちら!

森本聡子~ラーメンに生きる女ブログ~

ラーメン女子博プロデューサー・森本聡子(通称 森P)からのお知らせ

「ラーメン女子博in大阪」開催決定!

ラーメン女子博in大阪(前半)

ラーメン女子博in大阪(後半)

森本聡子さんのTwitterはこちら

森本聡子さんのInstagramはこちら

中華そば 弥太郎 エア聡子隠し

まずは前回、チャリをレンタルして訪問するも2日連続で臨時休業にぶち当たり、ふられた時に出す必殺技「聡子隠し」を今回も期待されるも、難無く初訪問が叶ったので拍子抜けしちゃた「エア聡子隠し」をお楽しみください(笑)

中華そば 弥太郎にて弥太郎そば 五丁目(激辛)を実食!

中華そば 弥太郎 弥太郎そば 五丁目(激辛)

弥太郎そば 五丁目(激辛) 850円

前回記事(塩ラーメン&中華そばをシェア)はこちら
中華そば 弥太郎・訪問2回目

スープは鶏を軸とした動物系に煮干し、節などの魚介系がバランス良く配合されたレギュラーの中華そばがベースと思われますが、そこに粉状唐辛子などで辛味をガツンと効かせた一杯。

一般的には激辛といっても差し支えない辛さですが、激辛ラーハンターならスープは完飲出来る辛さレベルで、粉状唐辛子のザラッとした舌触りを感じます。

中華そば 弥太郎 弥太郎そば 五丁目(激辛)

ただベースのスープがしっかりしている上に、具材の椎茸の旨みや野菜の甘みが抽出されているので、辛さ一辺倒ではない落とし所は、さすが盛岡屈指の実力店といった印象。

途中からトッピングされたおろしニンニクを混ぜると、辛味が増す上だけではなく、パンチのあるスープに激変!これは辛いもの好きならハマっちゃうかも!!

中華そば 弥太郎 弥太郎そば 五丁目(激辛)

麺は自家製の平打ち中細縮れ麺で程よいコシがありツル・パツな食感。真っ赤なスープの中で色白な麺が映えますね♪

中華そば 弥太郎 弥太郎そば 五丁目(激辛)

具は豚肉、溶き卵、ネギ、ニンジン、ニラ、モヤシ、椎茸。溶き卵のまろやかさも辛いスープにベストマッチ!

同行者がオーダー!中華そば 弥太郎のたんたん麺♪

中華そば 弥太郎 たんたん麺

たんたん麺 730円

スープは同じく鶏を軸とした動物系に煮干し、節などの魚介系がバランス良く配合されたダブルスープがベースと思われますが、芝麻醤と思しきゴマの風味を前面に押し出しつつ、ラー油の辛さをシャープに効かせた一杯。

着丼した瞬間に香る豊かなゴマの風味は濃厚で、それ故にラー油の辛味が凛と立っているイメージ♪
トッピングされた肉味噌を混ぜると更にコク深さが増し、一気に旨みも底上げされます。

ラー油はかなり多めに浮いている印象ですが、ゴマ香るスープとのバランスはバッチリ。この担々麺美味いです!

麺は自家製の平打ち中細縮れ麺で程よいコシがありツル・パツな食感。他のメニューと同じ麺と思われますが、思いのほか担々スープとの相性も良好♪

具は肉味噌、ネギ、コーンなど。肉味噌はスープの旨みの構成要素としてもバッチリはまっていて、ラー油の辛さとコーンの甘さのコントラストが秀逸!

同行者が「中華そば」と「塩ラーメン」もオーダーしましたが、写真を取り忘れました。詳細は割愛しますが、両方とも間違いなく岩手屈指の美味しさです♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 弥太郎の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:岩手県盛岡市みたけ4-3-5
定休日:不定休(夏期長期休暇有り)
営業時間
平日 11:00~14:40位(LO.14:40)
土日祝 11:00~15:00位(LO.15:00)

席数:25席
カウンター×5
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×2
5名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:8台位(店舗敷地内)

最寄りの交通期間など
厨川駅から1620m
バス停→みたけ三丁目から150m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>