中華そば 琴の@山形県鶴岡市

中華そば 琴の 外観

中華そば 琴の 営業時間 営業案内 定休日

中華そば 琴ののローカルルールなど店の特徴

山形県庄内地区のレジェンド店「中華そば処 琴平荘」で修行した店主さんのお店で2015年6月25日にオープン。

開店前の混雑時のみ番号札を配付。店員さんが順番どおりに案内してくれます。

グループで並ぶ際には全員揃ってから並ぶ。後から合流は禁止の記載あり。

店舗前に待ち合い席×2、店内にも待ち合い席×3あり。

店舗前の自動販売機で購入したドリンクは店内に持ち込み可能。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華そば 琴ののメニューなど

中華そば 琴の 営業時間 営業案内 定休日 掲示物

中華そば 琴の メニュー

琴系3連食ツアー!中華そば処 琴壱からの~2軒目はこちらへ。思いっきり昼時に行ったのでほぼ満席状態の賑わいでしたが、タイミングよくカウンターが空いたので待たずに座れました♪

中華そば 琴のの中華そば

中華そば 琴の 中華そば 海苔

中華そば 650円
海苔 100円

前回記事(中華そば こってり 太麺)はこちら
中華そば 琴の・訪問7回目

中華そば 琴の 中華そば

スープは丸鶏主体の鶏ダシと飛び魚の焼き干し、煮干しなどの魚介系を合わせたダブルスープに、チャーシュー用の豚肩バラ肉を煮込んで豚の旨みをプラスした醤油清湯。

ファーストインパクトで口の中に広がる鶏の旨みは、ドッシリと分厚く重層的で、臭みなどのネガティヴ要素は全くなく、豚の肉ダシが見事に調和したコク深い味わい♪

中華そば 琴の 中華そば スープ

煮干しなどの魚介系は風味を立たせるのではなく、旨みのみ抽出したような印象ながら、その存在感は揺るぎなく、しっかりと鶏ダシの脇を固めています。

時間が経過しても崩れないバランス感覚も秀逸で、独特な形状の麺を啜った時のスープの旨みがまた素晴らしい!間違いなく進化しています!!

中華そば 琴の 中華そば 麺

中華そば 琴の 中華そば麺

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の平打ち縮れピラピラ麺で、ザラッとした麺肌とスープの親和性が更に増した印象♪

中華そば 琴の 中華そば 具

中華そば 琴の 中華そば 具 海苔

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。肩バラチャーシューはトロ柔で肉の旨みタップリ。チョイ柔な食感のメンマ&風味が素晴らしい海苔もマイウーで、麺を海苔で巻いて食べると堪りませんな!

中華そば 琴の 中華そば 味変 調味料

麺完食後に添え付けの醤油ダレを投入して濃いめに味変♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 琴のの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間
11:00~15:00

席数:24席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:8台位(店舗前)

最寄りの交通機関など
鶴岡駅から6080m
バス停→西黒瀬から90m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>