自家製麺 麺や二代目 夜来香(イエライシャン)

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

限定・豚ホルモンにんにくみそラーメン 800円※半ライス無料

前回記事(アサリと昆布の塩中華そば)はこちら
自家製麺 麺や二代目 夜来香・訪問22回目

二代目 夜来香のレギュラーメニューの最新記事など

スーラータンメン(エンドレス10倍)

スーラータンメン(紅)

スーラータンメン(大辛)

味噌スーラータンメン

中華ソバ

鶏中華ソバ

味噌ラーメン

辛い味噌ラーメン

辛痺味噌スーラータンメン

オリジナル四川風汁なし担担麺

正宗汁なし担担麺

台湾まぜそば

スーラーまぜそば

限定→白い中華そば

二代目夜来香のローカルルールなど店の特徴

二代目夜来香

二代目夜来香外観

二代目夜来香営業案内

二代目夜来香営業案内

二代目夜来香営業案内

満席時は店内レジ前にあるボードに名前と電話番号を記入し、車内待機して席が空いたら電話をくれるシステムを導入していて、混雑時でもストレスなく待つことが出来ます。メニュー豊富な上に、ほぼ毎日日替わりで限定メニューを提供しているので、リピーターも通いがあります。

二代目夜来香のメニューなど

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

二代目夜来香メニュー

仕事のタイミングや材料切れで月曜臨時休業などにぶつかり、なかなか行けずにいたら気がつけば約一ヶ月ぶりの訪問。そろそろ原点回帰の中華そばをオーダーしようかと思いましたが、この日の限定は「豚ホルモンにんにくみそラーメン」という何とも魅力的な一品。しかも半ライス無料とあっては、食べない訳にはいきませんからね~♪

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

スープは鶏出汁などの動物系ベースに甘めの味噌を合わせたスープと思われますが、トッピングの豚ホルモンの旨味がばっちりスープに馴染んでいて、レギュラーの味噌ラーメンとはかなり違った味わい。油のコッテリ感が抑え気味な夜来香らしいバランスで、程よく効いたニンニクの風味がズバズバと食欲を加速させます♪

ホルモンは食感を残すために煮込まずに炒めたものをトッピングしてますが、それだけでもスープの旨味の構成要素としても存在感を発揮していて、とにかくダシ感&味噌ダレ&ホルモンの旨味&ニンニクの風味の親和性が秀逸。唐辛子でほんのりピリ辛にしていて、多めに供された具材のネギやニラの香味も抜群に相性が良いです!これ美味いわぁ~!!

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

麺は自家製の中細ストレート麺で程よいコシがあり歯切れプッツンな食感。この限定用の麺なのか、レギュラー麺よりもしなやかな印象を受けました♪

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

具は豚ホルモン、メンマ、ネギ、ニラ、ニンニクの芽、輪切りの乾唐辛子など。豚ホルモンはトロ柔ではなく、プリプリ&モッチリで噛めば噛むほど旨みが広がるタイプ。オン・ザ・ライスへのテンションが上がります!

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

途中から店主さんがスゥーっと別皿で出してくれた辛味パウダーを投入。これは生唐辛子を乾燥させ乾煎りして、スパイスを追加して完成させた自家製の辛味との事ですが、ジョロキア粉に匹敵する激辛レベル。しかもスープの味を全く変えずに、加えれば加えるほど天井知らずで辛さが増す恐るべき味変グッズで、全く辛くないこのラーメンに全部投入したら、秋田屈指の激辛スープに激変しました(笑)

逆にホルモンは甘みは増した印象w

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

二代目夜来香豚ホルモンにんにくみそラーメン

麺完食後に半ライスにホルモンをのっけてホルモン丼を作製。それなりに麺と一緒に食べたつもりが、こんもり山盛りなG系ホルモン丼になりました(笑)

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

店舗情報

電話番号:018-853-5142
住所:秋田県秋田市飯島道東2-14-15 小野ビル1F
定休日:水曜日他
営業時間
11:00~14:30(LO.14:30)
※諸事情によりしばらくの間は昼営業のみ
※宴会の予約は定休日と土日祝以外で要相談

席数:23席
カウンター×7
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:20台以上(店舗前)

最寄りの交通機関など
上飯島駅から300m
バス停→飯島北から120m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>