自家製麺 佐藤

自家製麺佐藤 外観

自家製麺佐藤 営業案内

自家製麺 佐藤のローカルルールなど店の特徴

同じ並びにある「麺屋 十郎兵衛」のセカンドブランドで、店主さんが大好きだったお店をオマージュして、毎日でも食べれる一杯が造りたくてオープンした中華そばの店。

店内に入って正面にある券売機で食券を購入。

「肉出汁中華」と「煮干中華」が2枚看板で、どちらも素中華でオーダー可能。その際は「素中華(具ナシ)」の食券を購入して、渡す際にどちから伝える(店員さんが聞いてきます)

「たぬき中華」は「煮干中華」のスープにあげ玉をトッピングしたスタイル。

毎週木曜日は限定メニューを提供しています。

自家製麺 佐藤のメニューなど

自家製麺佐藤 券売機

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂の工場長が、昨年に引き続きまた秋田へいらっしゃいました!今回は夕方に到着との事で、当日はサラッと2杯を連食。まずお連れしたのは大仙市の人気店で、自家製麺でもあるこちらへ。やはりラーメン界を牽引する麺の達人ですからね~。安定の夜の部シャッター長ゲットでした♪

大好きな煮干し&あげ玉のコラボレーション!

自家製麺佐藤 たぬき中華

たぬき中華 550円

前回記事(たぬき中華)はこちら
自家製麺 佐藤・訪問9回目

自家製麺佐藤 たぬき中華

スープは大量の煮干しを使用した魚介系と、豚肉などから抽出した動物系をブレンドしたダブルスープで、そこにあげ玉をトッピングした一杯。

ベースとなるスープはクリアなダシ感が実に心地よい豚煮干し醤油清湯で、そのままでも物足りなさは無いですが、そこに煮干しを細かく粉砕したような煮干し油が加わり、口当たりが滑らかでまろやかなニボ風味が折り重なります。

時間の経過と共にトッピングの揚げ玉の油分がジンワリと浸透して、ほんのり後味がビターなニボ旨スープにコクを加わります。久しぶりに食べましたがやはり旨い!

自家製麺佐藤 たぬき中華

麺は自家製の中細ストレート麺で程よいコシがありコリ・パツな食感。今日の麺はややポキポキかんが抑え気味な印象を受けました♪

自家製麺佐藤 たぬき中華

具はメンマ、青ネギ、揚げ玉。メンマはコリ・サクな食感で、スープを吸ったあげ玉がマイウー!

同行者の肉出汁中華も少し食べさせてもらいましたが、こちらも相変わらずのクオリティです♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

電話:0187-63-5933
住所:秋田県大仙市大曲上栄町14-14 B-3
定休日:年中無休
※毎週木曜日は限定メニューを提供
営業時間
10:30~14:30
17:30~20:00

席数:10席
カウンター×10
駐車場:3台(店舗前)

最寄りの交通機関など
大曲駅から1710m
バス停→仙北振興局入口から130m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>