繁昌軒 本店

繁昌軒 本店 外観

繁昌軒 本店のローカルルールなど店の特徴

店内の壁貼りメニューを見て口頭でオーダー。

昭和10年代(店内記事には昭和16年と記載あり)に屋台から始まった大曲を代表する老舗。

女性専用のヘアバンドが壁にかかっています。使用後は持ち帰り下さいと記載あり。

繁昌軒 本店のメニューなど

繁昌軒 本店 営業案内

繁昌軒 本店 メニュー

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂の工場長と行く秋田ラーメンツアー!自家製麺 佐藤からの~2軒目はこちらへ。

言わずと知れた昭和10年代に創業の老舗にして、大仙市の自家製のパイオニア。なかなか来れずにいましたが約1年半ぶりの訪問です。

壁貼りのメニューを見ると自分が大好きだった、埼玉県の塩そば専門店「ぜんや」の塩ダレを参考にして作った「塩そば」がなくなってました(泣)

創業70年オーバーの老舗が提供する新メニュー・ギラ中とは?

繁昌軒 本店 ギラ中

中華そば(並) 450円
※ギラ中で

繁昌軒 本店 半カレー

半カレー 240円

前回記事(塩そば 並)はこちら
繁昌軒 本店・訪問3回目

繁昌軒 本店 ギラ中

スープは豚骨、煮干しなどから抽出したダブルスープと思われますが、油を多めに浮かせた「ギラ中」仕様の一杯。

アッサリな豚骨のダシ感に加えて、ふんわりと香る煮干しの風味が心地よい「ザ・ノスラー」な味わいで、着丼しても湯気が立たないなかなかの油分量。同行者がオーダーしたノーマルの中華そばと食べ比べましたが、かなり味が変わりますね~。

これはこれで面白いですが、繁昌軒らしさがマスキングされるので、そのへんを求めるならやはりノーマルの中華そばかな~という感じ。

ちなみにこの「ギラ中」は全てのラーメンに適用可能だそうなので、繁昌軒フリークの方には是非食べてもらいたいです!

繁昌軒 本店 ギラ中

麺は自家製の中細ウェーブ麺でデフォルトで柔らかめな食感。他店のスープにこの麺の場合はかなり柔らかいと感じますが、ここのスープとは妙に合うんですよね~♪

繁昌軒 本店 ギラ中

具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、麩、海苔。シャキッとした穂先メンマがマイウー!

繁昌軒 本店 半カレー

半カレーはチョイ甘でコクのある家庭的な味わいで、ラーメンを注文した方のみ240円で食べれる一品。家庭的な味もそうですが、「ライスカレー」の表記もホッコリしますね♪

同行者がオーダーした

繁昌軒 本店 つけそば

つけそば(並) 550円

つけ汁は同じく豚骨、煮干しなどから抽出したダブルスープと思われますが、程よいダシ感のスープに甘みと酸味をフワリと効かたスッキリとした味わい。
イメージ的にはかなりアッサリとした大勝軒系統のつけ汁で、トッピングされた柚子皮が更に爽快感を演出。このつけそばは温かいスープですが、ザル中華っぽく冷たいバージョンでも美味しそう!

麺は自家製の中細ウェーブ麺でチョイ柔でムッチリとした食感。冷水で〆てますが、それでも柔麺は健在♪

具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、柚子皮、ナルト、海苔。

激戦区・大曲の中にあってなかなか頻繁に通えませんが、いつか全メニューをコンプリートしてみたいです!

ごちそうさまでした🍜

繁昌軒 本店の店舗情報やアクセス

電話:0187-62-0310
住所:秋田県大仙市大曲丸の内町6-22
定休日:火曜日(火曜が祝日の場合は営業して翌水曜休み)
営業時間
平日・土 11:00~14:30、18:00~翌1:00(LO.23:30)
日・祝 11:00~20:00(LO.19:30)
※売り切れの場合は夜の部早仕舞い

席数:24席
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×3
6名掛けテーブル×1
2名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:4台(店舗前)

最寄りの交通機関など
大曲駅から440m
バス停→中通町から190m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

コメントを残す

<スポンサーリンク>