四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん)@秋田市山王

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 外観

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) ランチタイム 看板 メニュー

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 営業時間 営業案内

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 営業時間 営業案内

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 入口

四川Dining&bar 臥龍 創香のローカルルールなど店の特徴

千葉県松戸市の名店・楽山担担面(現 成都担担面)で腕を振るった店主さんが2015年7月17日にオープンさせたお店。

予約の場合は一人3000円以上(子供は1000円以上)の利用が必須。その他の場合は予約なしでの来店を推奨。ただし電話で空席状況を聞くことは出来ます。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

壁側に服を掛けるハンガー&荷物置きのカゴが設置されてます。

四川Dining&bar 臥龍 創香のメニューなど

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) メニュー

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) メニュー

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) メニュー

前回訪問が2016年10月なので随分と間が空いてしまいました。しかも前回はディープな飲み会での訪問だったので、ランチタイムはかなり久しぶり。と思って調べたら、今まで昼営業には行ってませんでした(笑)

そうなるとランチ限定の「麻婆丼」や「陳麻婆丼」も気になりましたが、やはり大好きな酸辣湯麺を久しぶりにオーダー。デザート代わりに蟹チャーハンも食べましたが(笑)

四川Dining&bar 臥龍 創香の酸辣湯麺

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 酸辣湯麺

酸辣湯麺 850円

前回記事(ピータン&四川式よだれ鶏&四川風水餃子&小海老のスパイシー炒め&本場四川陳麻婆豆腐&本場汁なし担々麺)はこちら
四川Diningbar 臥龍創香・訪問5回目

スープは鶏などの動物系主体の醤油清湯ベースと思われますが、自家製ラー油が表面に層を成した、いかにも辛そうなビジュアルの一杯。

まずは混ぜずにそのまま飲むと、アグレッシブに効かせた酢の酸味とラー油の辛味、山椒の痺れが複雑に交錯する何ともクセになる酸っぱ辛痺な味わいで、キレ味鋭い酸辣湯麺といった感じ♪

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 酸辣湯麺 スープ

ベースのダシ感がクリアな分、各種辛痺調味料のスパイス感がダイレクトに主張しているので、油断してグビッとスープを飲むと、むせる可能性があるのでご注意を。

表面をラー油が覆い尽くしてますがコッテリ感はなく、途中から肉味噌を混ぜる事でスープに厚みが加わります。フワリと香るニンニクなどの香味野菜も絶妙な塩梅で、酸味と辛味一辺倒ではないバランス感覚が秀逸!相変わらず旨いです!!

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 酸辣湯麺 麺

麺は細ストレート麺で程よいコシがありコリ・パツな食感。ラー油のコーティング効果でスープがしっかり絡みます♪

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 酸辣湯麺 具

具は肉味噌、ネギ、チンゲンサイ、白ゴマなど。真っ赤なスープのセンターに陣取るチンゲンサイの緑が色鮮やか!

四川Dining&bar 臥龍 創香の蟹チャーハン

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 蟹チャーハン 炒飯

蟹チャーハン 1000円

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 蟹チャーハン 炒飯

程よいシットリ感のあるフワフワな炒飯は米の一粒一粒にしっかりと蟹の旨みがコーティングされていて、塩加減も絶妙な塩梅。

四川Dining&bar 臥龍 創香(がりゅう そうしゃん) 蟹チャーハン 炒飯

エアリーな口当たりの米&サクサクと小気味よい細切れ野菜の食感の対比が何とも心地よく、食べるスピードを加速させる極上な仕上がり。ここはチャーハンも美味しいです♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

四川Dining&bar 臥龍 創香の店舗情報やアクセス

電話:018-853-8773
住所:秋田県秋田市山王2-7-1 ドミ山王1F
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌月曜休み)
営業時間
11:00~14:30(LO.14:30)
17:00~21:30(LO.21:30)

席数:20席
カウンター×4
2名掛けテーブル×4
4名掛けテーブル×2
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から2240m
バス停→県庁第二庁舎前から190m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>