湯の台食堂@秋田県にかほ市

湯の台食堂 外観

湯の台食堂

湯の台食堂 営業時間 営業案内 定休日

湯の台食堂 駐車場案内

湯の台食堂のローカルルールなど店の特徴

1980年に創業の地域密着型の食堂で2016年3月に一時閉店しましたが、息子さんがそのまま店名を引き継ぎ2017年10月3日にリニューアルオープン。

店主である息子さんは、中華蕎麦とみ田の3号店・雷本店、麺や七彩 東京駅店、麺や七彩 八丁堀店、食堂七彩などで修行された経験の持ち主。

風除室に待ち席×2あり。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

基本メニューは「中華そば」「肉そば」の並と大のみで、気まぐれで限定メニューも提供(中華そば塩は準レギュラー?)。

レギュラーの中華そばは修行先である麺や七彩 八丁堀店イズムを継承する手打ち麺を採用。

漫画とテレビが設置されています。

子供用イス&小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

湯の台食堂のメニューなど

湯の台食堂 メニュー

湯の台食堂 メニュー

ラーメン女子博P・森本聡子さんと行く!森本聡子とラーメン食べ歩き隊ッ!の庄内ラーメンツアー♪担々麺の店福の家北店からの〜麺屋新三からの〜49回ラーメン女史会~中華そば雲ノ糸酒田店からの〜酒処まつカクテル専科ラボンヌでディープなスタッフ打ち上げで飛脚の出前からの〜5軒目はこちらへ。

前日の1軒目に同行して頂いたル・クルーゼな狼フェイスな方が息子さんを連れ、初対面の食べ歩き隊メンバーIさんが加わり、スタッフ打ち上げでご一緒だった雲ノ糸店主&Sさんも合流して、総勢7名でのラーメンツアーになりました!

湯の台食堂の真鱈そば

湯の台食堂 真鱈そば

限定・真鱈そば 950円

前回記事(中華そば)はこちら
湯の台食堂・訪問1回目

スープはアッサリな動物系に真鱈の旨みを合わせ、生姜をしっかりと効かせた身体が温まるスッキリとした無化調清湯。

当日に地元・にかほ市金浦にて開催された掛魚まつり(通称・鱈まつり)に合わせて限定で提供された一杯で、ラーメンの具材としては見たことがない位、タップリの鱈の身と白子があしらわれています♪

湯の台食堂 真鱈そば スープ

動物系の下支えをフンワリと感じつつも、鱈鍋を想起させる鱈の旨みが贅沢に抽出されていて、鮮魚系特有の臭みを押さえ込むように生姜をバキバキに効かせています。

950円とかなり強気な価格設定ながら、タップリの鱈の身とダダミがトッピングさろているので満足感あり。スポット的に「ワイルドターキー」「牛蒡塩中華そば」「生姜そば」「タンメン」などの限定メニューも提供されているので今後も目が離せません!

湯の台食堂 真鱈そば 麺

麺は自家製の細ウェーブ麺でコリ・パツな食感。替玉の麺は細麺らしいので同じものでしょうか?いずれにせよ爽快に生姜が香るスープとの相性は良好だと思います♪

湯の台食堂 真鱈そば 具

具は真鱈の身、ダダミ、ゴボウ、青菜、糸唐辛子、白ゴマなど。真鱈の身は肉厚で旨みしっかり。ダダミはプルンとした食感&クリーミーで口の中でとろけました!

湯の台食堂 真鱈そば 味変 調味料

麺完食後に添え付けのブラックペッパーを投入してピリッとスパイシーに味変♪

気まぐれ限定だと思いますが、「中華そば塩」と「中華そば江戸甘」も早く食べてみたいです!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

湯の台食堂の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県にかほ市象潟町横岡字目貫谷地1-251
定休日:月曜日、第3火曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)
営業時間
11:00~15:00

席数:24席
カウンター×6
4名掛けテーブル×2
2名掛け小上がりテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:8台位(店舗を背に右斜め前の三角地帯)

最寄りの交通機関など
象潟駅から6360m
バス停→湯の台から10m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>