元祖 荒磯ラーメン@秋田市山王

元祖 荒磯ラーメン 外観

元祖 荒磯ラーメン 営業時間

元祖 荒磯ラーメン メニュー

元祖 荒磯ラーメンのローカルルールなど店の特徴

1985年にオープンした秋田市山王にある〆ラーの人気店。

「豚清湯+生卵+炒め麺」の秋田式ちゃんぽんの元祖「めしや」との関係性は不明ですが、看板メニューの一つである「荒磯ラーメン(塩)」はかなり近い構成。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

11:00~15:00のランチタイムは全ラーメン100円引き。

11:00~17:00はゆで玉子とライスの無料サービスあり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

元祖 荒磯ラーメンのメニューなど

元祖 荒磯ラーメン メニュー

麺やまらぁの相談役・山さんを秋田市にお迎えしての鯨飲馬食ツアー。BAH JAH からの~アフターは山王に移動して、他のグループ飲みとTIGER MOME(タイガー・モア)で合流しての2次会に。

そのグループは「業界最高権威 TRYラーメン大賞」紅一点の審査員で「日本で一番ラーメンを知る女」と言われているベリーダンサーのレイラさんや、「ラーメンの経済学」の著者でラーメン情報サイト「超らーめんナビ」のらーめん達人でもある河田さん等がいる猛者揃いの飲み会で、自分は借りてきた猫が又貸しされたレベルで大人しくなってました(笑)

アフターで山さん、レイラさんと〆ラーに向かったのはこちら♪

元祖 荒磯ラーメンの荒磯ラーメン(味噌)

元祖 荒磯ラーメン 荒磯ラーメン 味噌

荒磯ラーメン(味噌) 950円

前回記事(ビリカララーメン&荒磯ラーメン塩&荒磯ラーメン味噌をシェア)はこちら
元祖荒磯ラーメン・訪問6回目

スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系に魚介系を加えたダブルスープをベースに、豚肉、イカゲソ、ホタテの貝ひも、茎ワカメ、メカブ、野菜などの具材をスープで煮込み、更に旨みを抽出した一杯。

程よい動物系のダシ感はありつつも、ファーストインパクトで香り立つのは出汁と一緒に込んだ海産物の磯風味で、味噌ダレの旨みが個性的なスープをまとめ上げる味の組み立て♪

元祖 荒磯ラーメン 荒磯ラーメン 味噌 スープ

さり気なく効かせたピリ辛な後味も心地よく、秋田ではなかなか他にはない味わいの独創的な味噌ラーメンに仕上がってます。

同行させて頂いたお二方には、もちろん一番インパクトのある荒磯ラーメン(塩)を食べてもらいましたが、店名どおりに荒々しい磯風味が炸裂する塩に比べると、味噌は大人しめですが単体では十分すぎる位に存在感あり!

元祖 荒磯ラーメン 荒磯ラーメン 味噌 麺

元祖 荒磯ラーメン 荒磯ラーメン 味噌 麺

麺は中細ウェーブ麺で程よいコシがありコリ・パツな食感。茹で上げた麺を焼いて水分を飛ばし、歯応えを残した独特な麺で、ところどころ焼き目がついてカリッとしています♪

元祖 荒磯ラーメン 荒磯ラーメン 味噌 具

具は豚肉、ゲソ、ホタテのひも、茎ワカメ、メカブ、キャベツ、ニンジン、キクラゲなど。11:00~17:00のサービスタイムには、この具材をおかずにライスは必須です!

クセ旨!(b^ー°)

ごちそうさまでした

元祖 荒磯ラーメンの店舗情報やアクセス

電話:018-862-0148
住所:秋田県秋田市山王1-2-22
定休日:無休(年末年始は休みあり)
営業時間
月~土 11:00~翌2:30
日祝 11:00~22:00

席数:59席
カウンター×9
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×8
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:16台(店舗敷地内8台、第2駐車場8台)

最寄りの交通機関など
秋田駅から2270m
バス停→県庁市役所前から230m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>