聚楽亭@山形県最上郡金山町

聚楽亭 山形県最上郡金山町 外観

何とかチャンスを見つけて杉の町へ。気がついたら昨年末の年越しそば以来なので、約3ヵ月ぶりの訪問になります!

この日の限定は店主さん御一行が少し前に遠征で食べていた「喜多方ラーメン」でしたが、残念ながら売り切れでした。まぁ、あっても朱龍そばは食べるつもりでしたが(笑)

聚楽亭のローカルルールなど店の特徴

聚楽亭 山形県最上郡金山町 一見お断り

2016年9月7日に創業。

2016年4月に惜しまれつつも閉店した山形県新庄市のレジェンド店・龍横健の店主さんがオープンさせたお店。

一見さんお断りなので最初は常連さんとの同行が必須。

初訪問時はレギュラーの「朱龍そば」のみオーダー可能で、2回目の訪問から「蒼龍そば」もオーダー可能に。限定メニューは基本的に3回目以降でオーダー解禁となります。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

店内で使用したティッシュの放置は厳禁。必ずゴミ箱へ。

テレビが設置されてます。

席はカウンターのみ。

聚楽亭のメニューなど

聚楽亭 山形県最上郡金山町 メニュー

聚楽亭 山形県最上郡金山町 一見お断り

前回記事(年越しそば)はこちら
聚楽亭・訪問21回目

聚楽亭の朱龍そば

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば

朱龍そば 700円

スープは鶏などの動物系ベースに煮干しなどの魚介系を合わせた醤油清湯のダブルスープで、キラキラとした鶏油が表面に浮いた、聚楽亭の2大レギュラーメニューの一つ。

豊潤な鶏のダシ感は相変わらず圧倒的な存在感で、その鶏清湯にジンワリと馴染むかのように煮干しの風味がスープに浸透しています♪

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば スープ

旨みのインパクトは絶大ですが、鶏&煮干し共にネガティブ要素は皆無で、これまた鶏の旨みエキスがギュッと濃縮された鶏油のコクがスープの厚みを底上げしています。

この「スープのように飲める鶏油」といった感覚は、「聚楽亭」「手打 焔」「ラーメン屋 トイ・ボックス」など、個人的に日本屈指と位置付けしている3店舗の鶏醤油ラーメンに共通する感覚。レギュラーメニューも更に進化しています!

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば 麺

麺は自家製の平打ち中太ストレート麺で程よいコシがありツル・シコな食感。しなやかさとしっかりと食感を残した極上な口当たりで、激旨スープとの絡みも良好です♪

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば 具

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば チャーシュー

具はチャーシュー、穂先メンマ、白髪ネギ、海苔。薫香を帯びたチャーシューも相変わらず旨旨で、シャキシャキの穂先メンマ&パリッとした白髪ネギと具材もスキなし!

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば 味変 調味料

麺完食後に添え付けのブラックペッパーを投入してピリッとスパイシーに味変♪

聚楽亭 山形県最上郡金山町 朱龍そば 完食

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

聚楽亭の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県最上郡金山町
定休日:不定休
営業時間
11:00~14:00

席数:9席
カウンター×9
駐車場:3台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
真室川駅から7600m
バス停→金山病院前から1800m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>