天勝軒@秋田県横手市十文字町

天勝軒 秋田県横手市十文字町 外観

この日は十文字でのランチタイムだったので、久しぶりにこちらへ行ってみました。調べたら前回が2014年2月のようなので、4年5ヶ月ぶりの訪問になります♪

その時に気になっていた「叉焼麺」「肉麺」「鳥麺」がまだメニューにあり、これらは単純に乗せものの違いだけなのか、はたまた全く別物のラーメンなのかも知りたかったのですが、今回は湯麺(タンメン)と目が合ったので直感的でオーダーしてみました!

天勝軒のローカルルールなど店の特徴

天勝軒 秋田県横手市十文字町 暖簾 看板

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

センターの6名掛けテーブルにサービスの飴があります。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

天勝軒のメニューなど

天勝軒 秋田県横手市十文字町 メニュー

天勝軒 秋田県横手市十文字町 飴 サービス

前回記事(ラーメン)はこちら
天勝軒・訪問1回目

天勝軒の湯麺(タンメン)

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン

湯麺(タンメン) 600円

スープは鶏ガラ、豚骨などの動物系主体と思われる清湯ベースで、そこに炒め野菜がのったベーシックな塩味のタンメン。

鶏ガラ、豚骨などの程よいダシ感に加えて、旨み&塩分が出過ぎない程度に馴染んだシンプルな塩スープで、一緒に煮込んだと思われる野菜のナチュラルな甘味も感じられるホッコリする味わい♪

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン スープ

野菜をしっかりと炒めた形跡はありますが、炒め油がほとんど浮いていない超アッサリ仕様で、動物系主体ながらもしっかりと十文字ラーメンらしさを残した構成には、非常にこだわりを感じます。

それ故にやや野菜スープっぽさもありますが、時間の経過と共に野菜の甘さの中でキリッと主張する塩気が、優しい味の清湯の中で凛とした存在感を発揮。個人的には後半のバランスのほうが好みです!

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン 麺

麺は中細縮れ麺で程よいコシがありスル・プチな食感。しっかり縮れた十文字らしい色白麺です♪

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン 具

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン 麩

具はネギ、ニンジン、タマネギ、白菜、ピーマン、赤パプリカ、モヤシ、タケノコ、キクラゲ、海苔、ナルト。野菜はややクタッとした仕上がりですが、これがまたいい感じ。そして十文字ラーメンにはタンメンにも麩がトッピング!

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン 味変 調味料

途中から添え付けの胡椒をパラリと投入してピリッとスパイシーに味変♪

天勝軒 秋田県横手市十文字町 湯麺 タンメン キュウリ 漬け物

別皿のキュウリの漬物も美味しく頂きました。改めてメニューを見返すと、カレーライスがお手頃価格の550円でカツカレーが+350円の900円なので、トンカツの価格の割合が高めな印象ながら、かつ丼は600円と何故かリーズナブル。と思いきや、カツライスが900円とエクスペンシブ(笑)

そしてカツライスとカツカレーが同額という事は、カツカレーは単純にカツライスにカレーを掛けたものではないという事か。ここはその辺も含めて通わねばなりません!

ごちそうさまでした🍜

天勝軒の店舗情報やアクセス

電話:0182-42-1433
住所:秋田県横手市十文字町海道下120-8
定休日:なし
営業時間
11:00~20:00

席数:12席
6名掛けテーブル×1
2名掛け小上がりテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×1
駐車場:3台(店舗前)

最寄りの交通機関など
十文字駅から1300m
バス停→道の駅十文字から440m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>