食堂いしやま@福島県河沼郡会津坂下町

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 外観

イベントを絡めたラーメン遠征。食堂・弁当 茂利多屋からの〜手打中華 とらや分店からの〜中国四川料理 (RIN/りん)からの〜森本聡子とラーメン食べ歩き隊ッ!大新年会 in 宇都宮からの〜 藏藏(ZAZA/ざざ)からの〜手打 手綱からの〜古川農園からの〜遠征最後の一杯はこちらへ♪

実は一度、1年チョイ前に訪問した際には不定休の休みにばっちりハマってしまったので、ようやく食べる事が出来ました。言わずと知れた会津ご当地・冷やしラーメンの元祖ですが、ほぼ同時期に発祥した山形市の「栄屋本店」の冷しラーメンとの違いが気になってました!

食堂いしやまのローカルルールなど店の特徴

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 看板

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 ショーケース

1952年2月から提供を開始したと言われている会津冷やしラーメンの発祥の店。

店舗前に2名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

看板メニューである「冷しラーメン」は通年で提供しています。

出前もやってます。

テレビ&雑誌が設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

食堂いしやまのメニューなど

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 メニュー

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 メニュー

食堂いしやまの冷しラーメン

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン

冷しラーメン 680円

スープは豚肉から3日間かけてじっくりと抽出した動物系ベースの薄口な醤油清湯で、油分を徹底的に排除した冷たいスープに更に氷を浮かべた、会津冷やしラーメンの発祥店の看板メニュー。

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン スープ

水出しした魚介乾物系を彷彿とさせるダシ感は、豚肉メインとは思えぬほど動物系のネガティブ要素は皆無な全く雑味のない仕上がりで、昆布などの乾物系で僅かに旨みを底上げしているイメージ♪

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン スープ

極限まで油分を排除した超あっさり仕立てで、夏場に水筒に入れて持ち歩いて飲みたい位、ゴクゴク飲める馴染みやすい味わい。シャキシャキとした刻みタマネギの軽快な口当たりで冷涼感は更に増し増しに。

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン スープ 氷

合わせる醤油ダレは薄口ながら適度に塩気がのっていて、氷を浮かべてますが後半でも全く薄まっている感がなく、気がつけばあっという間に完食。風邪をひいて食欲がないお客さんに提供されたのが発祥とされてますが、それが納得の一杯でした!

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン 麺

麺は中太縮れ麺でコシがありちょいクキでモッチリな食感。冷水でキッチリ〆た上に氷入りなので最後まで冷え冷えです♪

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ。薄切りのもも肉チャーシューはほっこりマイウー!

食堂いしやま 福島県河沼郡会津坂下町 会津冷やしラーメン 元祖 冷しラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの酢を投入してスッキリに味変。更にラー油を加えてピリ辛オイリーにして美味しく頂きました!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

食堂いしやまの店舗情報やアクセス

電話:0242-83-2365
住所:福島県河沼郡会津坂下町市中二番甲3617
定休日:不定休

営業時間
11:00~14:30
16:00~19:00

席数:18席
4名掛けテーブル×2
2名掛け小上がりテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:4台位(店舗に向かって左脇に2台位、店舗に向かって右脇の契約駐車場の右側手前に2台)

最寄りの交通機関など
会津坂下駅から600m
バス停→坂下橋本から20m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>