石山勇人さんプロデュースの八甲田食堂@青森県弘前市

らーめん酒場 八甲田食堂 外観

らーめん酒場 八甲田食堂 看板

らーめん酒場 八甲田食堂 営業案内

石山勇人さんとは

学生時代からラーメンを食べ歩き、大学時代には学校公認のラーメン研究会を立ち上げる。

全国津々浦々2000軒以上のラーメン店を取材して、執筆・監修したラーメン本は20冊以上。

ラーメン王子の愛称で数々のテレビ番組にも出演。今まで食べ歩いた経験を生かし、地元青森を拠点に全国へ発信。

カップラーメンの開発やラーメン店のプロデュースの経験はありますが、自分の店をオープンするのは初。

らーめん酒場 八甲田食堂のローカルルールなど店の特徴

ラーメン研究家・石山勇人さんが初めて手がけたお店で2017年3/31にオープン。

昼はラーメン専門店ですが夜は地酒を中心にお酒を飲みながら、軽い肴もつまめる「らーめん酒場」として営業。もちろんラーメンのみのオーダーも可。

外待ち用の4名掛けベンチ×1と中待ち用のイスが2~3席あります。

全店舗で使用していたアンティーク家具をそのまま活用しているので、非常に趣のある店内になっています。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

入り口で靴を脱いで座る座敷&掘りごたつスタイルなので、お子様連れでも安心。

らーめん酒場 八甲田食堂のメニューなど

らーめん酒場 八甲田食堂 店内

らーめん酒場 八甲田食堂 店内

らーめん酒場 八甲田食堂 店内

らーめん酒場 八甲田食堂 店内

らーめん酒場 八甲田食堂 店内

らーめん酒場 八甲田食堂 メニュー

らーめん酒場 八甲田食堂の夜メニュー

らーめん酒場 八甲田食堂 夜メニュー

らーめん酒場 八甲田食堂 夜メニュー

らーめん酒場 八甲田食堂 夜メニュー

前日のクズ飲みから見事に復活して、11:10に到着のシャッター長をゲット!やれば出来るもんです(笑)

駐車場に停めて直ぐに並びましたが、何やら「つけ麺」の旗が優雅になびいてました。どうやら「煮干らーめん」「醤油らーめん」「煮干味噌らーめん」に加えて、「つけ麺」が解禁になったようです!

自分は煮干らーめんは前回食べましたが、同行者には食べてもらわねばいけないので、オーダー必須。そうなると自分が何を食べるか非常に悩む。って事で「悩んだら全部の法則」が発動で、2人で4杯オーダーしました(笑)

まずは自分の1杯目♪八甲田食堂にて醤油らーめんを実食!

らーめん酒場 八甲田食堂 醤油らーめん

醤油らーめん 700円

前回記事(煮干らーめん)はこちら
らーめん酒場 八甲田食堂・訪問1回目

スープは青森シャモロックの丸鶏を丁寧に煮出した鶏出汁に、煮干、カツオ節などの魚介系でバランスを整え、生醤油ベースのカエシを合わせた一杯。

しっかりとした鶏出汁を軸に優しい魚介の旨みが調和したクリアな味わいで、生醤油は主張し過ぎない絶妙な寸止め加減♪

らーめん酒場 八甲田食堂 醤油らーめん

東京スタイルの生醤油感バリバリなネオクラシカル系ではなく、程よいキラキラ感は出しながらも地元の人達の好みにも合うようなバランスで、この日の自分のコンディションにベストマッチなスッキリとした飲み口。

看板メニューの煮干らーめんは濃厚なので、人によっては好みが分かれるかもしれませんが、この醤油らーめんはストライクゾーンの広い味わいだと思います!

らーめん酒場 八甲田食堂 醤油らーめん

麺は平打ちの中細ストレート麺で程よいコシがありツルツル・シコシコな食感。スープとの相性も良好です♪

らーめん酒場 八甲田食堂 醤油らーめん

具はチャーシュー、極太メンマ、ネギ、海苔、ナルト。大判なチャーシューは肉の旨みしっかりで、ゴリ・ザクな食感の極太メンマが相変わらず美味!

では2杯目!八甲田食堂のつけ麺♪

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

つけ麺 850円

つけ汁は濃厚な動物煮干ベースのスープを野菜ペーストで割った、ベジポタなダブルスープ。

煮干らーめんと同じ鶏ガラ、豚骨を長時間炊き出した白湯がベースと思われますが、ツブツブを感じる程度に仕上げた野菜ペーストの甘みと、フワリと効かせた酸味が実に心地よく、魚介の風味がさり気なく脇を固める構成♪

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

途中からレンゲにトッピングされた魚粉をつけ麺に投入すれば、節などの魚介系の風味がガツンと加わり、更にスッキリとした魚介豚骨ベジポタつけ麺に変化。

ズバズバ食べれるこのつけ麺もまた、この日の自分のコンディションにベストマッチでした!

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

麺は全粒粉入り太縮れ麺でコシがありガッシリとしたツル・モチな食感。全粒粉由来の小麦風味も感じられ、らーめんの1.5倍の麺量ながらあっという間に完食♪

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

らーめん酒場 八甲田食堂 つけ麺

具はチャーシュー、極太メンマ、ネギ、魚粉、海苔。

らーめん酒場 八甲田食堂 割スープ

麺完食後に割スープを頼みましたが、これがまたガチのニボニボスープでビックリ!

らーめん酒場 八甲田食堂 割スープ

そのまま飲んでも抜群に美味しいド煮干しスープで、かなり飲んでしまってからつけ汁に投入しました(笑)

同行者がオーダー♪八甲田食堂の煮干らーめん!

らーめん酒場 八甲田食堂 煮干らーめん

煮干らーめん 700円

スープは青森県産の鶏ガラ、豚骨を長時間炊き出し、大量の煮干(片口イワシ)を加えた濃厚な一杯♪

プルンとした動物系白湯に、粉に頼らないエグミ皆無な煮干しの旨みが隅々まで浸透していて、ほんのりビターな後味も実にクセになります。

このトロトロ、プルプル、ニボニボな濃厚煮干しスープ。メチャクチャ美味しいです!

麺は平打ちの中細ウェーブ麺で程よいコシがありツル・ポクな食感。醤油らーめんの麺よりやや縮れている印象ですが、系統が似た違う麺でしょうか?

具はチャーシュー、極太メンマ、ネギ。

同行者の2杯目♪八甲田食堂の煮干味噌らーめん!

らーめん酒場 八甲田食堂 煮干味噌らーめん

煮干味噌らーめん 800円

スープは赤、白の津軽味噌をベースにリンゴやニンニク、タマネギを練り込み、煮干スープを合わせた青森ならではの味噌ラーメン。

煮干しの風味が損なわれない程度に合わせ味噌を効かせていて、動物系スープがしっかりと土台になったニボ味噌スープ。

濃すぎず軽すぎずな親しみやすい味噌味で、センターにトッピングされた白ゴマの風味もばっちりハマってます。本当に青森らしい味噌ラーメンです!

麺は平打ちの中細ウェーブ麺で程よいコシがありツル・ポクな食感。煮干らーめんと同じ麺かと思われます♪

具はチャーシュー、極太メンマ、ネギ、コーン、白ゴマ。このコーンの存在は好みが分かれそう(笑)

個人的にはやはり煮干らーめんがイチ押しですが、是非コンプリートして好みの一杯を見つけてもらいたいです!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

らーめん酒場 八甲田食堂の店舗情報やアクセス

電話:0172-35-5690
住所:青森県弘前市桶屋町31-1
定休日:水曜日
営業時間
11:30~14:30
18:00~翌1:00
※日曜日は昼営業(11:30~14:30)のみ

席数:41席
カウンター×3
4名掛け座敷テーブル×5
6名掛け座敷大テーブル×1
6名掛け掘りごたつ式テーブル×2
駐車場:4~5台(店舗前)

最寄りの交通機関など
中央弘前駅から400m
バス停→弘前バスターミナルから1260m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>