柳麺多むら 能代本店@秋田県能代市中柳

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 外観

この日は能代市でのランチタイムでこちらへ。昼時のピークを過ぎた13:00頃に訪問したので、待ちもなくすんなり着席出来ました。移転オープンしてから再び全メニューを食べねばと定期的に味を運んでいる次第ですが、今回は塩ラーメンと焼餃子をオーダーです!

柳麺多むら 能代本店のローカルルールなど店の特徴

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 営業時間 営業案内 定休日

2015年4月23日に創業。

東京都護国寺「ちゃぶ屋」、表参道「MIST」で修行後、大塚「鳴龍」の立ち上げメンバーとして活躍された店主さんが、地元の能代市に戻り開業。

店舗は秋田県能代市花園町27-27(2015年4月23日~2021年4月4日)から現店舗へ2021年4月14日に移転リニューアル。

「ラーメン末美」の跡地にオープン。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

券売機にない担々麺の替え玉120円は現金で支払い。

同じく塩ラーメン&梅塩ラーメンの残ったスープで食べる茶づけ150円も現金で支払い。

仕込みの水は「ACM πウォーター」を使用。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

柳麺多むら 能代本店のメニューなど

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 券売機 メニュー

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 メニュー

前回記事(醤油ラーメン&味噌ラーメンを店内連食)はこちら
柳麺 多むら 能代本店・訪問28回目

柳麺 多むら 能代本店の塩ラーメン&焼餃子&ごはん

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 塩ラーメン

塩ラーメン 780円

スープは鶏、豚などの動物系主体+節などの魚介系と思われる清湯ベースで、貝などから旨みを抽出したであろう塩ダレを合わせた一品。調べたら能代の本店で塩を食べるのは約2年半ぶりのようです。

しっかりとした鶏、豚などの動物系のダシ感は流麗にして滋味深く、表面にキラキラと光る鶏油でキッチリと厚みを加えていて、無化調仕立てながら物足りなさ皆無の煌びやかな味わい♪

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 塩ラーメン スープ

塩ダレ由来と思しき貝系の旨みも絶妙な塩梅に馴染んでいて、前回食べた醤油ラーメン同様に本店で初めて塩ラーメンを食べた時を思い出すキレ味の鋭い味の設計。

前半はたっぷりの旨みの中にも雑味のないクリアな印象のスープでしたが、後半は味の輪郭がクッキリになり、ダシ感&香味油&塩気のバランスの良さがハイレベルで調和。時間の経過と共に尻上がり的にグングン美味しさを増す味の構成も素晴らしいです!

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 塩ラーメン 自家製麺

麺は自家製の中細ストレート麺でツル・ムチな食感。しなやかさと弾力を兼ね備えた柳麺で、芯にはプツッとした心地よい歯応えもあります♪

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 塩ラーメン 具

具は2種類のチャーシュー、メンマ、ネギ、九条ネギ。チャーシューも2種類ながら、スープにアクセントを加えるように散らしたネギとは別に、具材としての九条ネギはセンターに盛り付けた、醤油ラーメンとは違う仕様にもこだわりを感じます!

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 焼餃子 ごはん ライス

焼餃子 350円
ごはん 100円

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 焼餃子

焼餃子は割と小ぶりなサイズながら焼き目はサクッと香ばしく、噛めば肉汁ジュワーな逸品で、野菜のナチュラルな甘みも感じられます♪

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 焼餃子

ニラの香味は程よく効いていますが、ニンニク不使用なので食べやすく、刻んだキクラゲのコリコリとした食感のアクセントも実に巧妙。テイクアウトも可能なので、いつか晩酌の肴に購入せねば!

柳麺多むら 能代本店 秋田県能代市中柳 塩ラーメン 完食

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

柳麺多むら 能代本店の店舗情報やアクセス

電話:090-7931-5972
住所:秋田県能代市中柳22-1
定休日:火曜日

営業時間
11:00〜14:00
17:00〜20:00

席数:22席
カウンター×10
4名掛けテーブル×3
駐車場:10台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
能代駅から2360m
東能代駅から2480m
バス停→内崎中柳から110m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>