下風呂おんせん食堂@青森県下北郡風間浦村(下風呂温泉 海峡の湯内)

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 外観

青森県下北・三八上北開拓ラーメンツアー。ファミリー食堂からの〜白樺ラーメンからの〜あらそばからの〜4軒目は風間浦村へ移動してこちらへ。周辺で数軒ピックアップしていた中で、最も行きたかった「あさの食堂」がまさかの改装中で臨時休業。これは自分の日頃の行いが悪いのだと言い聞かせて、「下風呂温泉 海峡の湯」に身を清めに行きました(笑)

そして温泉の中には同時にオープンした食堂があったので、ゆっくり温泉に浸かってからこちらで食べる事にしました。メニューは海鮮を主体とした定食、丼、カレーライスなどのご飯ものにラーメン、うどん、そば等の麺類が揃う港町の食堂らしいラインナップ。それらの海鮮系に目移りしながらも、今回は醤油ラーメンをオーダーしてみました!

下風呂おんせん食堂のローカルルールなど店の特徴

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 店頭 入口

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 営業案内 定休日

2020年12月1日に創業。

仕出し料理や水産加工などを手掛ける家政商店が運営している「下風呂温泉 海峡の湯」内にある食堂で食事のみでも利用可能。

店舗情報は下風呂温泉 海峡の湯のホームページ・家政商店のFacebookページ・下風呂おんせん食堂のInstagramで発信。

店舗前に9名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

食堂のみの利用も可能。

店頭&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

テレビが設置されてます。

子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

下風呂おんせん食堂のメニューなど

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 メニュー

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 メニュー

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 メニュー

下風呂おんせん食堂の醤油ラーメン

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 醤油ラーメン

醤油ラーメン 600円

スープは鶏ガラ、豚などの動物系主体+乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、下風呂温泉内の食堂らしいシンプルなラーメンですが、なかなかスタイリッシュなドンブリで提供されたので少し驚きました(笑)

程よい鶏ガラなどの動物系のダシ感がありつつ、乾物系で旨みを重ねている印象のベーシックな味の構成で、チャーシューの漬けダレでコクを付与しているイメージ♪

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 醤油ラーメン スープ

醤油の風味はそれほど強くなくまろやかで、旨み&塩分も適度に効かせている印象。表面に浮いた香味油も程よく、そこにネギの爽快な香味やワカメの磯風味がソッと寄り添います。

急遽な湯活がてらの食べ歩きになりましたが、温泉施設内の食堂としてはかなりしっかりとした醤油ラーメンで、600円という価格も考えればCPは高いと思います!

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 醤油ラーメン 麺

麺は中細縮れ麺でツル・プチな食感。スープとの相性良好な中華麺です♪

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 醤油ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワカメ。チャーシューはトロッと柔らかく醤油の味も染みていてマイウー!

下風呂おんせん食堂 青森県下北郡風間浦村 下風呂温泉 海峡の湯内 醤油ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの胡椒をパラリと投入してピリッとスパイシーに味変♪

風間浦村と言えば、その品質の高さからブランド化された「風間浦村鮟鱇(アンコウ)」なので、次は旬の冬に再訪せねば!

ごちそうさまでした🍜

下風呂おんせん食堂の店舗情報やアクセス

電話:070-4331-3633
住所:青森県下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂71-1 下風呂温泉 海峡の湯内
定休日:火曜日

営業時間
11:00〜14:00
17:00〜20:00

席数:31席
カウンター×5
4名掛けテーブル×5
6名掛けテーブル×1
駐車場:16台(海峡の湯駐車場)

最寄りの交通機関など
下北駅から28.5km
バス停→下風呂温泉から20m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>