久米食堂@秋田県湯沢市

久米食堂 外観

千葉のラーメンフリーク・ワラ&マトゥーコンビ&美人女将と行く!秋田のラーメン&グルメ堪能ツアー。小太郎そばやからの〜2軒目は絶品餃子を求めてこちらへ♪

実は久米食堂の前に五拾五番へ行く予定でしたが、臨時休業だったので2軒目に繰り上げになりました。ハンドルキーパーが居たので、昼から飲む気マンマンで突撃です(笑)

久米食堂のローカルルールなど店の特徴

久米食堂 暖簾

1927年に創業。

戦前から製麺をやっている秋田の自家製麺の草分け的な存在のお店。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

久米食堂のメニューなど

久米食堂 メニュー

久米食堂 メニュー

久米食堂 メニュー

久米食堂 メニュー

久米食堂 メニュー

前回記事(中華そば&五目中華そば&焼きギョーザ&焼海老ギョーザ&小籠包&チャーハンをシェア)はこちら
久米食堂・訪問4回目

久米食堂で念願の昼飲み

久米食堂 飲み会 乾杯

まずはビールで乾杯!

以前からここで飲み会をする計画はありましたが、場所的になかなか実現出来ずにいました。その願いが、まさか千葉の二人&美人女将というディープなメンバーで果たせたのは最高です(笑)

久米食堂のホルモン焼き

久米食堂 ホルモン焼き

ホルモン焼き 330円

名物の餃子に並ぶ人気メニューのこちら。色々な部位が入ったホルモン焼きは、正にビールにピッタリな味付けで、全体的には「いつまで噛めばいいか分からない」という事がない柔らかさ。レバーはややモッサリしてますが、これで330円は驚きのコストパフォーマンス♪

久米食堂の椎茸ギョーザ

久米食堂 椎茸餃子 椎茸ギョーザ

椎茸ギョーザ(5個) 550円

久米食堂 椎茸餃子 椎茸ギョーザ

ここの餃子に魅了力されて5回目の訪問ですが、美味しい餃子の中でも個人的には椎茸ギョーザがお勧め。大きめに刻まれた椎茸と存在感のあるニラ&タップリな肉汁の旨みが融合する極上な味わい!

久米食堂の蒸ギョーザ

久米食堂 蒸し餃子 蒸ギョーザ

蒸ギョーザ(6個) 600円

久米食堂 蒸し餃子 蒸ギョーザ

蒸し器のまんま着丼する蒸したて熱々な餃子。火が入った白菜の甘味を肉汁が包み込む、巨大な旨みの塊爆弾といった面持ちの一品。これは初めて食べましたが、蒸ギョーザもローテーション入り確定♪

久米食堂の麻婆豆腐

 久米食堂 麻婆豆腐

麻婆豆腐 550円

豆腐と濃いめの味付けが存在感を発揮する非常にシンプルな麻婆豆腐。前回のチャーハンに引き続き、たまに家庭的な味の一皿が提供されるのもこちらの魅力の一つ(笑)

そうこうしている内にラーメンが着丼です!

久米食堂のワンタン麺

久米食堂 ワンタン麺

ワンタン麺 900円

スープは鶏ガラなどの動物系に、煮干しなどの魚介系を合わせたダブルスープと思われる塩清湯で、こちらの巨大餃子と同じサイズのワンタンがトッピングされた一杯。

油分量抑え気味なので食べやすい上に、トッピングされた野菜の甘味がスープに馴染んでいて、コクのある野菜スープのようなジンワリとした旨みが印象的♪

久米食堂 ワンタン麺 スープ

ホッコリとした昔懐かしいノスラー的なタンメンといった面持ちのスープに、巨大な肉の塊状のワンタンがトッピングされるギャップには、毎回心が鷲掴みにされます(笑)

優しい味わいのタンメン+ワンタンがフュージョンしたスタイルのワンタン麺は、タンメン→500円+ワンタン→400円と考えるとそのお得感は明々白々!

久米食堂 ワンタン麺 麺

麺は自家製の平打ち中細ストレート麺でツル・シコな食感。芯に少し歯応えがありつつ、しなやかな口当たりの麺で、優しい味わいのスープにマッチしています♪

久米食堂 ワンタン麺 具

具はワンタン、ニンジン、白菜、モヤシ、ピーマン、キクラゲなど。一見すると餃子と同じく見えるワンタンですが餡は全く別物。それぞれの餃子も餡が違うのもこちらの魅力の一つです!

久米食堂 飲み会 ビール

絶品餃子と美味しい料理に舌鼓を打っていると、ビールを飲むグラスがグングン加速。たまたま居合わせた知らないお客さんからの差し入れもあり、大瓶4本で腹はパンパンに(笑)

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

久米食堂の店舗情報やアクセス

電話:0183-52-2444
住所:秋田県湯沢市上院内字小沢95
定休日:月曜日
営業時間
11:00~14:00
17:00~21:00(予約が必要。直前に電話してもやってくれる場合あり)

席数:17席
カウンター×3
2名掛けテーブル×2
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:2台位(店舗を背に左斜め前)

最寄りの交通機関など
院内駅から130m
バス停→院内駅から130m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>