一球@秋田県秋田市手形

一球 秋田県秋田市手形 外観

創業日の1月9日に絡めた毎年恒例の周年記念特別イベントへ今年も訪問。実は初日の夜の部に「あわよくば突撃!」と店の前を通過したら、外待ち20名オーバーの大行列で敢えなく断念。

なので2日目の夜の部、早めの時間帯に行く予定に変更しましたが、午前中に突発的な仕事が入ってしまい、帰り掛けに店の前を昼12:00チョイ前に通過する事に。ダメもとで行ってみると外待ち13名という、昼休み1時間で何とかなりそうな並びだったので行列に接続♪

待っていると、何故か自分のシュッとした後ろ姿の写真が送られてきたので、パッと振り向いたら数名後ろにSASAKIGUMI氏が。更にその後ろにウッチーと限定狩人が次から次へと集結してました。ちなみに自分が店を出た時にも15名オーバーの並びになってました!

一球のローカルルールなど店の特徴

一球 秋田県秋田市手形 営業時間 営業案内 定休日

2014年1月9日に創業。

「竹本商店」の3号店「中華そば醤」の店長として働いていた方が2013年11月に独立。その後、2014年1月9日に「一球」としてリニューアルオープン。

学生街にある行列必至の人気店。

店内に2名掛けの待ち合い席あり。更に店内に2~3名は立ち待ち出来ますが、その後からは外待ちになります。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

外看板にある「えびの油そば」と「煮干の油そば 白」は、食べたいサイズの「油そば」の食券を購入した上で、それとは別に「油そば専用えび 60円」or「油そば専用煮干 白 60円」を購入してオーダーするスタイルになります。

「油そば」と「油そば専用煮干 白」を購入して、店員さんに食券を渡すときに、「黒で」と伝えると裏メニューの「煮干の油そば 黒」をオーダー出来ます(誰でもオーダー可能)

食券は中待ちの最中に店員さんが回収するか、もしくは着席してから回収。その際に油そばはニンニクの有無などを聞かれます。

油そば専用の追い飯は無料なので、必要な場合は券売機の右上から三番目の青く光っているボタンを押して食券を取得し、一緒に店員さんに渡す。

一球のメニューなど

一球 秋田県秋田市手形 メニュー

一球 秋田県秋田市手形 券売機 メニュー

前回記事(煮干そば「極」)はこちら
一球・訪問35回目

一球の五代目煮干そば「極」改~超濃厚豚骨鶏白湯

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯

五代目煮干そば「極」改~超濃厚豚骨鶏白湯 850円
味玉 100円

スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系に煮干しをフルスロットルに効かせた、白湯ベースのド煮干しダブルスープで、毎年の周年時にのみ提供の超濃厚豚骨鶏白湯煮干しの五代目バージョン。

「濃厚豚骨鶏白湯煮干し」という大枠は初代から変わらないと思いますが、今回の五代目は鶏素材の配合によるチューニングの変更か、もしくは鶏油に起因する改良かは不明ですが、鶏の油脂由来の旨みが強めな印象で、前年を超えるファーストインパクト♪

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 スープ

合わせる煮干しはもちろんガッツリで、ザラッと感のある粉状のニボニボを、コラーゲン質タップリなトロトロ鶏豚白湯が包み込んでるイメージ。それらが合わさったスープは当然ドロドロで口当たりは濃厚。

しかしながらスープの重量感よりも、旨味の引力が上回りレンゲが止まらず、気がつけばあっという間にK&K。毎年リニューアルされ進化しているとは言え、振り切ったヘビーなボディーはそのままに、毎回「今年のが一番美味い!」と思わせる技量が素晴らしいです!

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 麺

麺は中太ストレート麺で歯応えがありパツパツなな食感。昨年よりも気持ち太めでエッジが効いた印象ながら、加水率or茹で加減の調整かバキバキ感は抑え気味なイメージ。いずれにせよスープとの相性は良好です♪

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 具

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 具

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 麩

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、ナルト、海苔、麩。麩はもちろんスープを極限まで吸わせて、最後にチュルンと頂きました!

一球 秋田県秋田市手形 五代目煮干そば「極」改 超濃厚豚骨鶏白湯 完食

来年は方向性真逆な「究極のド煮干し清湯」とかはどうだろうか?

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一球の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形山崎町11-37
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)

営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00
※売り切れ次第終了

席数:11席
カウンター×8
3名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から1240m
バス停→若葉町から5m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>