らーめん山@静岡県静岡市葵区相生町

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 外観

車で怒涛の4連休ラーメンツアー。支那そば 桂山からの〜喜楽からの〜中華蕎麦 うゑずからの〜支那そば・餃子工房 蓬来軒本店からの〜自家製麺 支那そば 福々亭からの〜田島ラーメンからの〜地鶏ラーメン くりや製麺直売所からの〜8軒目は、静岡市へ移動してこちらへ!

同行してもらった大社長のプロデュース店という事で楽しみにしてましたが、券売機には「ACM πウォーター使用」の案内が。二郎系ラーメンで πウォーターを使っている店って、今まで自分が食べ歩いて来た店では無かったかも。もちろん、この日の4杯目なので麺量は小(通常)をオーダー。しかしながら着丼したら完食出来るのか少し不安になって来た(笑)

らーめん山のローカルルールなど店の特徴

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 メニュー看板

2018年10月23日に創業。

「ラーメン勢 静岡相生店」の跡地にオープン。

店舗情報はFacebookページ・Instagramで発信。

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

無料トッピングは野菜、にんにく(別皿可能)、アブラ(味付き脂で別皿可能)、カラメ、マヨネーズ(まぜそばのみ)

無料トッピングは少し・ちょい増し・増し・増し増しなど対応可能。食券を渡す時に「ニンニク入れますか?」と店員さんに聞かれた時に好みのトッピングを伝える。

毎週火曜日は「しょうが 50円」のトッピングが無料。

券売機に「野菜増し、増し増しはチャレンジメニューでは御座いません。野菜増しを残された場合、お代を頂くことが御座います」との注意書あり。

麺量は小(通常)→200g、大→300g、特→400g、量多→500g。

店内中央付近の棚にあるおしぼりは一人一本まで。

店内に入って左側にハンガーあり。

荷物置きのカゴあり。

仕込みの水は「ACM πウォーター」を使用。

らーめん山のメニューなど

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 券売機 メニュー

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 メニュー

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 メニュー

らーめん山 静岡県静岡市葵区相生町 おしぼり

らーめん山のラーメン(ニンニク、アブラ増し)+生たまご

ラーメン 750円
※ニンニク別皿、アブラ増し別皿
生たまご 50円

スープは豚骨などの動物系ベースの醤油味で、静岡市では数少ないラーメン二郎インスパイア専門店の一杯。無料トッピングはニンニクと味付き脂の増しをそれぞれ別皿でお願いして、同行の大社長のお勧めで生たまごをトッピングしてみました。

まずは混ぜずにスープを飲むと、非乳化系の豚骨スープに醤油ダレがビシッと決まった、デフォルトでややカラメな仕様のキレのある味わいで、ガッツリ混ぜれば味付き脂のパンチのある風味が加わり、更にカラメでコクのある味へと変化♪

途中からトッピングした生たまごに、別皿にしてもらったニンニク、アブラ増しを投入してつけダレを作成して、お店推奨のすきやき風にして食べましたが、これがジャンク感MAXでこの日4杯目ながらズバズバと箸が加速。

途中から添え付けの唐辛子を生たまごベースのつけダレにワサッと投入すれば、更にパンチのあるピリ辛な味加減に進化して、その中毒性にグイグイ引き込まれます。この店のウリである味付き脂あればこその食べ方ですが、これは堪りませんね!

麺は太ストレート麺でガシッとした歯応えがありモッチリでワシワシな食感。二郎系の麺としてはそこまで強い麺ではないですが、非乳化スープにはこれ位の方が合ってるのかもしれませんね♪

具はチャーシュー、もやし、キャベツ、味付き脂。別皿で生たまご、ニンニク、増しにした味付き脂。野菜はほぼモヤシ+ちょいキャベツな割合で、かなりクタっとした火入れ具合で食べやすく、この日の自分のコンディションにはピッタリ。ですが、やっぱり4杯目でここは腹破れそう(笑)

クセ旨!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

らーめん山の店舗情報やアクセス

電話:070-7567-2525
住所:静岡県静岡市葵区相生町7-18
定休日:月曜日

営業時間
11:00~21:00
※中休み(14:30〜17:30)ありの場合あり。店のFacebookページかInstagramを要確認

席数:21席
カウンター×13
4名掛けテーブル×2
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
日吉町駅から100m
音羽町駅から390m
新静岡駅から420m
バス停→栄町から400m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>