中華そば・めし うらしま(うらしま食堂)@和歌山県紀の川市花野

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 外観

格安ピーチ航空で行く!小麦くんにプラン丸投げ・近畿→中国地方食べ歩き。洛二神からの〜中華そば いぶきからの〜ぺぺラーメンからの〜笠岡ラーメン 山ちゃんからの〜中華そば専門店 坂本からの〜中華そば専門店 笠北からの〜朱華楼 東深津店からの〜中華そば 鶴亀からの〜味処 栄清丸で2日目は終了♪

朱華園 本店からの〜中華そば つたふじ本店からの〜お多津からの〜無鉄砲 つけ麺 無心からの〜まりお流らーめんからの〜15軒目は、遠征最終日にこちらへ訪問。10:00チョイ過ぎに到着で華麗にシャッター長をゲット。開店時間には続々と人が押し寄せ、店舗前の駐車場はあっという間に満車。並んでいたら早めにオープンしてくれました!

中華そば・めし うらしま(うらしま食堂)のローカルルールなど店の特徴

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 看板

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 駐車場案内

1976年に創業。

和歌山県ご当地の「和歌山ラーメン」の代表的なお店。

日・祝が定休日で昼営業のみという高ハードル店。

店舗前に2名掛けの待ち合い席あり。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

麺メニューは「中華そば」のみで、麺量1.5玉→650円、麺量ダブル→750円。

センターの4名掛けテーブル×2は相席必至。

レンゲは冷蔵庫の上にもあります。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華そば・めし うらしま(うらしま食堂)のメニューなど

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 券売機 メニュー

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 メニュー

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 臨時休業 営業案内

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 レシート

中華そば・めし うらしま(うらしま食堂)の中華そば

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン

中華そば 550円

スープは豚骨などの動物系主体と思われる白湯ベースで、そこに創業以来継ぎ足しを繰り返した醤油ダレを合わせた、和歌山ご当地「和歌山ラーメン」を代表するお店の一品。

軽くトロミを帯びたスープは濃度以上に豚骨風味が凝縮されていて、長時間炊きつつも灰汁を丁寧に取り除いたのが見て取れる極上な仕上がり。それ故に豚の旨味エキスがギュッと詰まってますが、油脂による余分なコッテリ感は全くなし♪

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン

その豚骨ダシに合わせる醤油ダレはガツンと強めでインパクトがあり、継ぎ足し製法によるコク深さも相まって、頭一つ出したしょっぱさが強い引きとなる、絶妙な味のバランスを形成していて、ズバズバ箸が止まりません。

そんな醤油が効いた豚骨スープなので、店内の白飯オーダー率の高さは言わずもがな。自分たちはスケジュールがギリギリだったので、1秒でも早く店を出なければならず食べれませんでしたが、チャーシューをつゆだくにしてのOTRは必須だと思います!

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン 麺

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン 麺

麺は和歌山県紀の川市・宮本製麺所の中細ストレート麺で程よい歯応えがありコリ・パツな食感。地元の製麺所がこの中華そばの為に作った低加水麺で、スープとの相性は申し分なし♪

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、青ネギ。デフォルトでチャーシュー3枚の嬉しい仕様。しかもこのチャーシューがまた白飯にバッチリ合いそう!

中華そば・めし うらしま うらしま食堂 和歌山県紀の川市花野 和歌山ラーメン 味変 調味料

麺完食後に添え付けの胡椒を投入してビシッとスパイシーに味変♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば・めし うらしま(うらしま食堂)の店舗情報やアクセス

電話:0736-77-5473
住所:和歌山県紀の川市花野20-7
定休日:日曜日、祝日

営業時間
11:00~13:00
※早めにオープンする場合あり
※スープ無くなり次第終了

席数:28席
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×5
駐車場:15台位(店舗前に5台位、店舗前の道路を左側に70mほど進んで左側の大きい白い看板がある小路を入ってすぐ左のレオパレス駐車場に10台位)

最寄りの交通機関など
打田駅から910m
バス停→花野から540m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>