一球@秋田市手形

一球 外観

一球 営業案内

一球 メニュー看板

一球のローカルルールなど店の特徴

「竹本商店」の3号店「中華そば醤」の店長として働いていた方が2013年11月に独立。その後、2014年1月9日に「一球」としてリニューアルオープン。

学生街にある行列必至な人気店で、店内に入って右側の椅子に2名+立ちで1~2名は中待ちできますが、後は外待ちとなります。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。大体は待っている間に店員さんが食券を取りに来ます。

外看板にある「えびの油そば」と「煮干の油そば 白」は、食べたいサイズの「油そば」の食券を購入した上で、それとは別に「油そば専用えび 60円」or「油そば専用煮干 白 60円」を購入してオーダーするスタイルになります。

「油そば」と「油そば専用煮干 白」を購入して、店員さんに食券を渡すときに、「黒で」と伝えると裏メニューの「煮干の油そば 黒」をオーダー出来ます(誰でもオーダー可能)

油そばのオーダー率が5割を超える秋田でも稀有な店です。

油そば専用の追い飯は無料なので、必要な場合は券売機の右上から三番目の青く光っているボタンを押して食券を取得し、一緒に店員さんに渡す。

一球のメニューなど

一球 券売機

少し前に二球で限定の海老つけそばを食べたので、本店でも海老が食べたくなり突撃しちゃいました!

手形ラーメンストリート攻略2周目!大吉食堂からの〜和家からの〜そば処 甚やからの〜ごはん処・居酒屋 八神からの〜麺屋にぼすけ 広面店からの〜ラーメン マシンガンからの〜ラーメン処 珍竹林からの〜時代屋からの〜たんたん倶楽部 秋田手形店からの〜背脂煮干中華そば 魚の尾からの〜11軒目はこちら♪

一球にて海老の油そばを実食!

一球 海老の油そば

海老の油そば(中) 800円

前回記事(煮干の油そば 黒)はこちら
一球・訪問31回目

油ダレは香味油+塩ダレ+粉末状の海老の合わせ技と思われる、シンプルな構成の海老の汁なし系。

一球 海老の油そば

レギュラーの油そば同様に事前に雪平鍋に油ダレを投入して、そこに茹で上がった麺を加えてかき混ぜ、油ダレと麺をガッツリ絡ませる事で、味の馴染み方が秀逸♪

一球 海老の油そば

芳醇な海老の風味に塩ダレの旨みが絶妙な塩梅で調和。途中から別皿にて提供の卵黄を混ぜれば、卵黄のコクとまろやかさが加わった海老油ボナーラが完成。

一球 海老の油そば

刻みチャーシューやネギも更に美味しさを後押ししていて、油ダレ&麺&具材の親和性が素晴らしいです!

一球 海老の油そば

一球 海老の油そば

麺は長野・志賀麺業の太縮れ麺で程よいコシがありプリプリ・モチモチな食感。海苔巻きで麺を食べると至福です♪

一球 海老の油そば

一球 海老の油そば

具は刻みチャーシュー、メンマ、ネギ、卵黄、海苔。刻みチャーシューはフワ柔で、角切りメンマはコリ・サクな食感。フワリと香るゴマ油も良いアクセントに!

一球 味変

途中から添え付けのラー油&唐辛子を加えて、辛海老油ボナーラにしてフィニッシュ♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一球の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形山崎町11-37
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)
営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00

席数:12席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から1240m
バス停→若葉町から5m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>