支那そば 与力@秋田市新屋

支那そば 与力 外観

支那そば 与力のローカルルールなど店の特徴

現店舗での営業のみかは不明ですが、知り得る限りでは2009年で創業35年以上なので、今年で創業44年オーバーと思われる老舗。

朝ラー王国・秋田を代表する朝ラー提供店。朝ラーは1996年くらいから提供開始。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

支那そば 与力のメニューなど

支那そば 与力 メニュー

麺やまらぁの相談役・山さんを秋田市にお迎えしての鯨飲馬食ツアー。BAH JAH からの〜「業界最高権威 TRYラーメン大賞」紅一点の審査員・レイラさんが合流して元祖荒磯ラーメンからの〜秋田式ラーメン河南で〆ラー連食からの〜大勝軒森商店からの〜5軒目はこちら。

山さんは大勝軒好きではありますが、全国の老舗ラーメン店を食べ歩くノスラーハンターでもあるので、こちらにご案内しない訳には参りません。自分は久しぶりに変化球な一杯をオーダーしました!

支那そば 与力のジャージャー麺

支那そば 与力 ジャージャー麺

ジャージャー麺 600円

前回記事(カレーなんばん中華)はこちら
支那そば与力・訪問18回目

スープは鶏ガラ、豚骨などの動物系に煮干し、節などの魚介系を合わせたレギュラーのダブルスープに、大量の椎茸、挽き肉、辛味を加えて煮込み、片栗粉でトロミを付けた独創的な一品。

一口目はアグレッシブに切れ込むイガッとした辛味のインパクトで、デフォルトの辛さですが一般的には激辛な部類に入るかもしれません♪

支那そば 与力 ジャージャー麺 スープ

その後から押し寄せるのは圧倒的な存在感の椎茸の風味で、ベースとなるホッコリな支那そばのノスラー感をねじ伏せる強烈な「ド・椎茸」の振り切ったバランス。

それが餡仕立てになっているので最後まで熱々な上に、体感的な辛さも増し増しになる恐るべきチューニング。前回これを食べたのは4年ちょっと前のようですが、その時の衝撃が蘇るとてもクセになる味わいです!

支那そば 与力 ジャージャー麺 麺

麺は細ウェーブ麺でツル・ムチな食感。熱々な餡仕立てのに馴染んで、後半は柔らかめな口当たりに♪

支那そば 与力 ジャージャー麺 具

支那そば 与力 ジャージャー麺 具

具は挽肉、タケノコ、椎茸、ゆで卵、ネギ、ナルト。このタップリの椎茸と挽き肉をのっけて「ド・椎茸丼」にして食べたい衝動にかられます!

考えてみればこれも辛さ変えれるんですよね。次回は大辛でいってみます♪

クセ旨!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

支那そば 与力の店舗情報やアクセス

電話:018-863-7873
住所:秋田県秋田市新屋豊町4-8
定休日:無休(元旦は休み)
営業時間
9:00~14:30

席数:22席
カウンター×10
4名掛けテーブル×3

最寄りの交通機関など
羽後牛島駅から2850m
バス停→豊町から40m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>