仲江戸@秋田市御野場

仲江戸 外観

仲江戸のローカルルールなど店の特徴

現在4店舗ある秋田市のご当地ラーメン「江戸系」の中では一番新しいお店で、オープンは2002年前後と思われます。

店内に入ってすぐ左側にある券売機で食券を購入。

基本メニューは特製辛味がのっかった醤油味のラーメンのみ。

辛味抜きや少なめにも対応可能で、無料で辛味多めに出来ます。

カウンターっぽいテーブル席なので相席は必至。

何故か「並盛り」や「普通盛り」はありませんが、小で150gと十分な麺量。ちなみに大→230g、特大→300gです。

食後は自分で丼、コップなどの食器をカウンターに返却して会計をするシステムが自然と確立されています。

カウンターにあるアメは無料サービス。

仲江戸のメニューなど

仲江戸 営業案内

仲江戸 定休日 営業カレンダー

仲江戸 券売機 メニュー

麺やまらぁの相談役・山さんを秋田市にお迎えしての鯨飲馬食ツアー。BAH JAH からの〜「業界最高権威 TRYラーメン大賞」紅一点の審査員・レイラさんが合流して元祖荒磯ラーメンからの〜秋田式ラーメン河南で〆ラー連食からの〜大勝軒森商店からの〜支那そば与力からの〜6軒目はこちら。

大勝軒フリーク&ノスラーハンター&地ラーメン好きとあれば、3軒目はやっぱり秋田市ご当地の江戸系でしょう。小江戸は既に訪問済みとの事だったので、今回はこちらへお連れしました♪

仲江戸のラーメン

仲江戸 ラーメン

ラーメン(小) 550円

前回記事(ラーメン 大)はこちら
仲江戸・訪問6回目

スープは鶏ガラ、豚骨などの動物系主体と思われる醤油清湯で、そこに唐辛子、ニラなど数種類の食材で作られた特製の辛味がトッピングされた一杯。

仲江戸 ラーメン スープ

まずは辛味を溶かさずにそのまま食べると、油浮きがあまりないアッサリ醤油味で、もともと辛味を活かした味の構成で、出汁を前面に押し出したタイプではありませんが、今回のスープは特にダシ感がスッキリな印象♪

そう言った意味では江戸系の元祖「大江戸」を想起させる仕上がりで、大江戸のスープの塩気を控えめにして、まろやかにしたようなバランス。全体的にはかなり薄口な味に感じました。

仲江戸 ラーメン スープ

その分、江戸系ラーメンの肝である特製ニラ辛薬味の風味がガンガン前に出るので、激辛ではないですがシャープに切り込む辛味が体感的な辛さを押し上げます!

仲江戸 ラーメン 麺

麺は中細縮れ麺で程よいコシがありツル・プツなな食感。パリッとした仕上がりのシンプルな中華麺です♪

仲江戸 ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、特製辛味。チャーシューは程よい歯応えがあり、細切りメンマはコリ・クニャな食感。

これにて鯨飲馬食ツアーは終了。また是非秋田にお越しください!

ごちそうさまでした🍜

仲江戸の店舗情報やアクセス

電話:018-829-2967
住所:秋田県秋田市御野場新町2-17-17
定休日:水曜日
営業時間
10:00~15:00(LO.15:00)

席数:25席
3名掛けカウンターテーブル×1
4名掛けカウンターテーブル×2
7名掛けテーブル×2
駐車場:15台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
四ツ小屋駅から2620m
バス停→ニュータウン御所野から230m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>