栄屋本店@山形県山形市

栄屋本店 外観

栄屋本店 営業時間 定休日 営業案内

栄屋本店 駐車場案内

栄屋本店のローカルルールなど店の特徴

1932年に創業の山形県山形市のソウルラーメン「冷しらーめん」の元祖のお店。

「冷しらーめん」は盆地特有の蒸し暑い山形市で、涼を求めて生まれた1951年頃に栄屋本店の初代店主さんが考案したメニュー。

看板メニューの「冷しらーめん」は通年で食べれます。

「混み合っている時はなるべく相席をお願いします」と貼り紙あり。

雑誌と漫画が設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

栄屋本店のメニューなど

栄屋本店 メニュー

栄屋本店 メニュー

栄屋本店 メニュー

栄屋本店 メニュー

栄屋本店 メニュー

突発的福島→山形遠征!麺屋 信成からの~支那そば 正月屋からの〜らーめん灯鶏からの〜自家製麺 うろたからの〜麺屋 葵からの〜6軒目はこちら♪

栄屋本店の冷しらーめん

栄屋本店 冷しらーめん

冷しらーめん 810円

スープは牛がベースで独自の方法で牛脂を取り除き、代わりにサラダ油やゴマ油を加えて、カツオ節、昆布などの魚介乾物系を合わせた冷製仕立てのスープで、そこに氷を浮かべた一杯。

栄屋本店 冷しらーめん

牛独特の旨みはありつつも思いのほかクセはなく、芳香なカツオ出汁がしっかりと全体をまとめるスッキリとした和風醤油味♪

栄屋本店 冷しらーめん スープ 氷

カエシの主張は穏やかで、植物性油のオイリーさは程よく感じますが食べにくさは全くなく、爽快さとコク深さを兼ね備えたとても引きの強いスープ。

栄屋本店 冷しらーめん スープ

4年ほど前に栄屋分店で先に冷しワンタンメンは食べましたが、個人的にはこちらの本店の方が圧倒的に好み。本店が本店たる所以をまざまざと見せつけられた思いになりました!これは旨い!!

栄屋本店 冷しらーめん 麺

麺は地元山形市・酒井製麺所の中太ストレート麺で、冷水で〆ていてコシがありプリプリな食感。表面は力強い弾力があり、芯にややクキッとした歯応えのある麺でズバズバ啜れます♪

栄屋本店 冷しらーめん 具

具は牛チャーシュー、メンマ、ネギ、モヤシ、キュウリスライス、カマボコ、海苔。牛チャーシューはしっとりした食感でやや歯応えのある仕上がり!

栄屋本店 冷しらーめん 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子を投入してピリ辛に味変♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

栄屋本店の店舗情報やアクセス

電話:023-623-0766
住所:山形県山形市本町2-3-21
定休日:水曜日(水曜が祝日の場合は営業して翌木曜休み)
※1・8月は不定休

営業時間
11:30~20:00(LO.19:50)
※冬期間(10月~3月下旬)は19:30(LO.19:20)まで

席数:46席
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×5
8名掛けカウンターテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:4台(店舗に向かって左側の三浦人形店裏。NO.3~6)

最寄りの交通機関など
山形駅から1390m
バス停→七日町から190m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>