中華そば 琴の@山形県鶴岡市

中華そば 琴の 外観

中華そば 琴の 営業案内

中華そば 琴ののローカルルールなど店の特徴

山形県庄内地区のレジェンド店「中華そば処 琴平荘」で修行した店主さんのお店で2015年6月25日にオープン。

開店前の混雑時のみ番号札を配付。店員さんが順番どおりに案内してくれます。

グループで並ぶ際には全員揃ってから並ぶ。後から合流は禁止の記載あり。

店舗前に待ち合い席×2、店内にも待ち合い席×3あり。

店舗前の自動販売機で購入したドリンクは店内に持ち込み可能。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華そば 琴ののメニューなど

中華そば 琴の 営業時間 営業案内 定休日 店内

中華そば 琴の メニュー

中華そば 琴の メニュー

ケンちゃんラーメン全10店舗制覇の「ケンチャニスト」2周目を完結するツアー。ケンちゃんラーメン遊佐店からの~ケンちゃんラーメン酒田本店からの~ダイニング・カラオケ・ヒットパレードからの~ケンちゃんラーメン鶴岡店からの~5軒目はこちらへ。オーダーしたのはOZSwithTです(謎爆)

中華そば 琴のの中華そば

中華そば 琴の 中華そば 海苔 味玉 ニグめし

中華そば 650円
海苔 100円
味玉 100円
ニグめし 250円

前回記事(中華そば+海苔)はこちら
中華そば 琴の・訪問8回目

中華そば 琴の 中華そば 味玉

スープは丸鶏主体の鶏ダシと飛び魚の焼き干し、煮干しなどの魚介系を合わせたダブルスープに、チャーシュー用の豚肩バラ肉を煮込んで豚の旨みをプラスした醤油清湯。

しっかりと抽出された鶏ダシは香り立ち豊かで厚みもあり、キレのある醤油ダレの風味&魚介系の旨味がガッチリと脇を固める盤石な味の構成♪

中華そば 琴の 中華そば スープ

今回のスープは特に煮干しの存在感が肝になっている印象で、ブワァーっと押し寄せる旨みに加えて、ほんのりビターな後味が何ともクセになる味わい。

豚肉由来の肉ダシ感もスープに奥行きを加えていて、鶏油の香味も絶妙な塩梅で馴染んだ極上の醤油清湯。相変わらずブレのないスープですが、今回のバランスはかなり自分好みでした!旨い!!

中華そば 琴の 麺

中華そば 琴の 麺 海苔

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の平打ち縮れピラピラ麺で、麺肌がザラッとした独特な食感。スープの絡みが素晴らしく、それ故に麺を啜った時にもスープの旨味が炸裂します♪

中華そば 琴の 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。肩バラチャーシューはトロッと柔らかく肉の旨みしっかり。メンマはチョイ柔でクニャッとした食感で、追加トッピングした風味の良い海苔と麺を一緒に食べるとメチャ旨!

中華そば 琴のニグめし

中華そば 琴の ニグめし

ニグめしは所謂「チャーシューライス」ですが、チャーシューが旨いのでその美味しさは間違いない鉄板サイドメニュー♪

中華そば 琴の ニグめし 海苔

そのまま食べても、中華そばのスープでつゆだくにしても良し。チャーシューの上に海苔を敷いて、ご飯をのっけて巻いて食べれば、最高のニグ巻きご飯に変身します!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 琴のの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間
11:00~15:00

席数:24席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:8台位(店舗前)

最寄りの交通機関など
鶴岡駅から6080m
バス停→西黒瀬から90m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>